風間喜代三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
風間 喜代三
人物情報
生誕 (1928-12-09) 1928年12月9日
日本の旗 日本東京都
出身校 東京大学ウィーン大学
学問
研究分野 言語学
研究機関 東京大学
テンプレートを表示

風間 喜代三(かざま きよぞう、1928年12月9日 - )は、日本言語学者東京大学名誉教授。

経歴[編集]

1926年、東京都生まれ。1952年東京大学文学部言語学科卒業、高津春繁の指導を受け、比較文法学を研究。ウィーン大学留学。

帰国した後、名古屋大学助教授、東京大学文学部助教授を経て教授。1978年10月には「印欧語の親族名称の研究」を東大に提出して文学博士号を取得。1989年に東京大学を停年退官し、名誉教授となった。その後も法政大学第一教養部教授を1999年まで務めた。

研究内容・業績[編集]

日本における比較言語学の第一人者のひとりとして印欧語の語源研究などにも携わっている。

家族・親族[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『言語学の誕生 - 比較言語学小史』(岩波新書、1978)
  • 『印欧語の親族名称の研究』(岩波書店、1984) - 博士論文の改訂
  • 『ことばの生活誌-インド・ヨーロッパ文化の原像へ』(平凡社選書、1987)
  • 『ことばの身体誌-インド・ヨーロッパ文化の原像へ』(平凡社選書、1990)
  • 『印欧語の故郷を探る』(岩波新書、1993)
  • 『ラテン語とギリシア語』(三省堂、1998)
  • 『ラテン語・その形と心』(三省堂、2005)
  • オウィディウスでラテン語を読む』(三省堂、2013)

共著書[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]