アリストデーモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アリストデーモス古希: Ἀριστόδημος, Aristodēmos) は、ギリシア神話の人物で、ヘーラクレイダイの1人である。長母音を省略してアリストデモスとも表記される。アリストマコスの子で、テーメノスクレスポンテースと兄弟[1]テーバイ王族のアウテシオーンの娘アルゲイアーを妻とし、双子の兄弟プロクレースエウリュステネースをもうけた[2][3]

アリストデーモスは兄弟のテーメノス、クレスポンテースとともにペロポネーソスへの帰還を企てたが、帰還を果たす前に死んだといわれる。アポロドーロスによればアリストデーモスはヘーラクレイダイがナウパクトスで船を建造している間に、雷に撃たれて死んだ[2]。パウサニアスはアリストデーモスの死について異なる説を2つ挙げている。アリストデーモスがデルポイ神託を授かりに行くと、ヘーラクレースが現れて帰還の成功を予言したため、デルポイで神託を授からずに帰ろうとしたところ、怒ったアポローンに射殺された。あるいはピュラデースエーレクトラーの子メドーンエピストロポスに殺された[4]

さらに別の説によれば、アリストデーモスは死ぬことなく帰還を果たし、スパルタを支配したが、アルゲイアーが双子を産んですぐに病気で死んだという[3]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
デーイアネイラ
 
 
 
 
 
 
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオレー
 
ヒュロス
 
グレーノス
 
クテーシッポス
 
オネイテース
 
マカリアー
 
テルサンドロス
 
デーモーナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオダイオス
 
アリスタイクメー
 
エウアイクメー
 
トラシュアノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティーサメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリストマコス
 
レオーナッサ
 
 
 
 
 
アンティマコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウテシオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレスポンテース
 
アリストデーモス
 
アルゲイアー
 
テーラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケイソス
 
カラノス
 
ヒュルネートー
 
デーイポンテース
 
アイピュトス
 
プロクレース
 
エウリュステネース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グラウコス
 
ソオス
 
アギス
 
 
 

}

脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、2巻18・7。
  2. ^ a b アポロドーロス、2巻8・2。
  3. ^ a b ヘロドトス、6巻52。
  4. ^ パウサニアス、3巻1・6。

参考文献[編集]