アリストデーモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アリストデーモス古希: Ἀριστόδημος, Aristodēmos) は、ギリシア神話の人物で、ヘーラクレイダイの1人である。長母音を省略してアリストデモスとも表記される。アリストマコスの子で、テーメノスクレスポンテースと兄弟[1]テーバイ王族のアウテシオーンの娘アルゲイアーを妻とし、双子の兄弟プロクレースエウリュステネースをもうけた[2]

アリストデーモスは兄弟のテーメノス、クレスポンテースとともにペロポネーソスへの帰還を企てたが、帰還を果たす前に死んだといわれる。アポロドーロスによればアリストデーモスはヘーラクレイダイがナウパクトスで船を建造している間に、雷に撃たれて死んだという[3]。一説によればアリストデーモスがデルポイ神託を授かりに行くと、ヘーラクレースが現れて帰還の成功を予言したため、デルポイで神託を授からずに帰ろうとしたところ、怒ったアポローンに射殺された。またあるいはピュラデースエーレクトラーの子メドーンエピストロポスに殺されたともいわれる[4]

また別の説によれば、アリストデーモスは死ぬことなく帰還を果たし、スパルタを支配したが、アルゲイアーが双子を産んですぐに病気で死んだという[5]

脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、2巻18・7。
  2. ^ アポロドーロス、2巻8・2。ヘロドトス、6巻52。
  3. ^ アポロドーロス、2巻8・2。
  4. ^ パウサニアス、3巻1・6。
  5. ^ ヘロドトス、6巻52。

参考文献[編集]