三品彰英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三品 彰英(みしな しょうえい、1902年7月5日 - 1971年12月19日)は、日本の歴史学者神話学者滋賀県出身。専門は古代朝鮮史、日本古代史、神話学。

略歴[編集]

1928年、京都帝国大学文学部史学科を卒業。戦前は、智山大学講師、京都帝国大学講師、海軍教授などを歴任。1945年、海軍教授を退職して大谷大学講師となり、1946年に同教授、1955年から同志社大学教授を1960年までつとめる。退職後は大阪市立博物館館長・佛教大学教授など歴任。朝鮮古代史で著名な東北大学名誉教授の井上秀雄などを指導したほかに、1960年から日本書紀研究会を主宰するなどして関西の日本古代史研究者を多く育てた。

評価[編集]

1920年代から1930年代頃に発展したアメリカ民俗学での知見を取り入れ、それまで史料学の分野であった考古学に、自然人類学(民族学)、文化人類学(社会人類学)な視点を加えて、日本や朝鮮での古代神話を比較し、比較神話学などにおいて業績を残した[1][2]。特に建国神話における日本と周辺諸国の神話や伝説の考察では、例えば辰国は史書の編纂者による創出であり歴史的実在は疑問だ、と説く[3]など、文献上の矛盾を指摘し、先駆的だとして高い評価を得ている。

一方で、戦後の韓国の研究者からは、朝鮮史が黎明期から外国勢力の支配下で成り立っていただけではなく、朝鮮史の全過程を通じて外国勢力の支配に貫かれており、朝鮮史の対外関係だけでなく、朝鮮国内の政治文化の諸情況も外国勢力が支配するようになり、朝鮮史全体が外国勢力への依存的・事大的なものであり、ひいては朝鮮人の民族性までが事大的・依他的・依頼的な性格になったという他律性論を主張した研究者として、指弾されている[4]

『朝鮮史概説』(弘文堂書房1940年)の序説では、「朝鮮史の他律性」という題を付け、朝鮮史の性格を付随性周辺性・多隣性として、朝鮮史を規定する最大の要因は、半島という地理にあり、アジア大陸に付随する半島は、政治的・文化的にも大陸で起きた変動の影響を受け、周辺に位置することにより本流から離れてしまう半島の付随性を主張し[5]、「このように周辺的であると同時に多隣的であった朝鮮半島の歴史においてこの2つの反対作用が、時には同時に時には単独で働き、複雑極まりない様相をもたらした。東洋史の本流から離れているのに、いつも1つ或いはそれ以上の諸勢力の影響が輻輳的に及んだり、時には2つ以上の勢力の争いに苦しめられたり、時には1つの圧倒的な勢力に支配されたりした」として朝鮮史の多隣性を指摘し[6]、朝鮮では政治文化で弁証法的な歴史発展の足跡が甚だしく欠乏してしまい半島的性格を持つ朝鮮は、古くから中国の典礼主義的主知主義的な支配を受け、理想的な蕃夷として褒めたたえられ、次は満州モンゴル征服主義的主意主義的な侵略を受けたが、それは「政治と分化を伴わない力だけの征服」であり、この半島的性格は事大主義という朝鮮史の性格の形成につながり、「絶対的存在とされた国の勢力に従い、その権威の下で藩属になり、依存主義によって国の維持を図ったこと」を規定した[7]

最後に日本だ。・・・要するに、我々の古代朝鮮経営においても、また最近世のそれにおいても見られるように、それは征服主義でもなく、利己主義からのものでもない。昔は百済や任那を保護し、それによって彼らに国を樹立させた。それは真に平和的かつ愛護的な支配だと言うべきである。蒙古のように意志的で征服的なものでもなく、支那のように主知的で形式的なものでもなかった。・・・日本のそれは主情主義的で愛好主義的で、彼我の区別を越えたより良い共同世界の建設を念願したものであった。・・・優れた歴史世界を建てた日本が、この同胞として彼らを抱え込んだのは、彼らをその古里に呼び戻すことである。ここに初めて本来の朝鮮としての再出発がある。・・・今、その歴史を見ると、朝鮮は支那の智に学び、北方の意に服し、最後に日本の情に抱かれ、ここに初めて半島史的なものから脱する時期を得たのである。 — 三品彰英『朝鮮史概説』p6-p7

朝鮮史における事大主義は、親明派・従清派・親日派親露派などを生み、政治文化では宗主国を模倣する他律的な歴史が展開するしかなく、事大主義的・他律主義的な歴史を展開してきた朝鮮が、日本のに抱かれることで、他律主義的な朝鮮史が克服できるとする[8]論旨になっている、などの批判がある。

批判に対しては、『三国史記』も翻訳している井上秀雄が「要求の正当さや強烈さに負けて、迎合的な応えをするのは、はるかに大きな害毒を社会に流すのではないか[9]」と述べ、室谷克実もこれらを皇国史観への過剰反応とみて「隣国との関係史は、隣国を知る上でも、自国を知る上でも重要だ。それが、大声を出す暴力的な集団の圧力や、隣国との政治的妥協や配慮、あるいは研究者の個人的(自虐)嗜好などによって歪められることがあってはならないのだ。[10]」と述べている。

著書[編集]

  • 『建国神話論考』目黒書店、1937年
  • 『朝鮮史概説』弘文堂書房、1940年
  • 『新羅花郎の研究』三省堂、1943年
  • 『日鮮神話伝説の研究』柳原書店、1943年
  • 蓮如上人伝序説』永田文昌堂、1948年
  • 『神話と文化領域』大八洲出版、1948年
  • 『要解日本歴史辞典』創元社、1953年
  • 『日本史』平安文庫、1953年
  • 『中山悦治翁伝』中山悦治翁伝編纂委員会、1954年
  • 『北鮮と南鮮』ハーバード・燕京・同志社東方文化講座委員会、1957年
  • 『日本書紀朝鮮関係記事考証 上』吉川弘文館、1962年
  • 『三品彰英論文集』全6冊 平凡社、1970年〜
  • 『三国遺事考証』全5冊 塙書房、1975年〜
  • 『日本書紀朝鮮関係記事考証 下』天山社、2002年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界大百科事典 第2版『三三品彰英』 - コトバンク
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『考古学』 - コトバンク
  3. ^ 世界大百科事典『辰国』 - コトバンク
  4. ^ 李 2005, p. 249
  5. ^ 李 2005, p. 248
  6. ^ 李 2005, p. 248
  7. ^ 李 2005, p. 248
  8. ^ 李 2005, p. 249
  9. ^ 井上秀雄『倭・倭人・倭国』人文書院、1991年。
  10. ^ 室谷克実『日韓がタブーにする半島の歴史』新潮新書、2010年。(p.220)

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

  • 山田仁史「環太平洋の日本神話 一三〇年の研究史」、丸山顕徳編 『古事記 - 環太平洋の日本神話』 勉誠出版、6-24頁(2012)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]