辰国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
辰国
辰國
? - ? 辰韓
馬韓
弁韓
辰国の位置
朝鮮半島の地図
首都 不明
辰王
? - ? 準王(箕準)
辰王馬韓
変遷
不明 xxxx年xx月xx日
朝鮮歷史
朝鮮の歴史
考古学 櫛目文土器時代 8000 BC-1500 BC
無文土器時代 1500 BC-300 BC
伝説 檀君朝鮮
古朝鮮 箕子朝鮮
辰国 衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 漢四郡
馬韓 帯方郡 楽浪郡

三国 伽耶
42-
562
百済
高句麗
新羅
南北国 熊津都督府安東都護府
統一新羅
鶏林州都督府
676-892
安東都護府

668-756
渤海
698
-926
後三国 新羅
-935

百済

892
-936
後高句麗
901
-918
女真
統一
王朝
高麗 918-
遼陽行省
東寧双城耽羅
元朝
高麗 1356-1392
李氏朝鮮 1392-1897
大韓帝国 1897-1910
近代 日本統治時代の朝鮮 1910-1945
現代 連合軍軍政期 1945-1948
アメリカ占領区 ソビエト占領区
北朝鮮人民委員会
大韓民国
1948-
朝鮮民主主義
人民共和国

1948-
Portal:朝鮮

辰国(しんこく、?-?)は『史記』『漢書』によると、衛氏朝鮮の時代(紀元前2世紀)に朝鮮半島の南部に存在したとされる国である。辰国という名称はすでに『史記』『漢書』にみえるが、その内容についてやや詳細な記録を残しているのは『三国志』魏志東夷列伝である[1]。しかし、『三国志』の記事がきわめて断片的であり、なおかつ矛盾した箇所もあるため、古来から辰国の存在・性格については諸家の見解が一定せず[1]、後述のように、これは写本のミスによって生まれた錯誤でそもそも実在しなかったという説もある(→後述)。記録は少なく、その詳細はほとんどわからない。

概要[編集]

三国志』によると、三韓辰韓の前身にあたる国であるとみえる。『史記』によると、辰国に該当すると考えられる地域である真番は臨屯とならんで衛氏朝鮮に服属していた。辰国は朝貢していたが、漢の武帝は、辰国(または真番の諸国)の朝貢を衛氏朝鮮が妨害しているとして、紀元前109年に兵を集め遠征した。武帝は紀元前108年に朝鮮を討伐し、衛満の孫の衛右渠を殺すと、その土地を分けて漢四郡真番郡臨屯郡楽浪郡玄菟郡)を置き、玄菟郡治を沃沮城に置いた。後の辰国(または真番の諸国)の地は三韓とよばれるようになったが、三韓の初出は44年(早くても20年頃)であり、時代が離れており、直接の関係を論証するのは難しい。考古学的には、遼寧省青銅器全羅道で発見されており燕の青銅器文化の影響下にあったことが窺える。したがって、辰国は実在したとしても、衛氏朝鮮の衛星国家であるか漢人の文化的影響下に形成された民族といえる。

史記』『三国志』によると、箕子朝鮮の最後の王である準王は、衛満王権を簒奪されると、南走して辰国へと逃亡し、「韓王」として自立した[2][3]

白鳥庫吉は辰国は辰韓のことであり、辰王は辰韓王であるとした[1]三上次男は辰王は2世紀から3世紀頃に朝鮮半島南部に成立した一種の部族連合国家の君主であったと解釈している[1]

辰韓は辰国が樹立した国であるが秦人に似ているといい、『契丹古伝』は、辰国に多くの秦人が逃げて来ていることを伝えている[4]箕子朝鮮=番朝鮮)は衛満に伐たれて亡び、殷王は辰へ逃げる。秦氏(秦人)も随ったといい、秦人も辰国へ逃げてきており、辰人と混血した[4]。そのために、秦人に似ているとか、秦の言葉に似ているといわれる[4]

燕瞞說殷曰,請背水而國以禦漢寇。殷納封之姑邾宇。瞞又說漢曰,胡藏秦華胄請滅之爲郡以絶後患。漢喜給之兵仗。瞞襲取殷,漢進郡阻徐珂。殷王奔辰,秦氏隨徙。殷亡。

燕の瞞(衛満)は殷を説いて云う、水(川)を背にして以て国を漢の侵略から禦ぐことを請う。殷は瞞に姑邾宇の地を与えて住まわせた。瞞は今度は漢を説いて云う、胡は秦の華胄を蔵している。之を滅ぼ し郡と為し、以て後患を絶つことを請う。漢は喜び瞞に兵器を与えた。瞞は殷を襲い取る。漢は郡を進め、徐珂を阻止する。殷王は辰に奔走し、秦氏も随う。殷は遂に亡ぶ[4] — 契丹古伝
蓋辰者古國。上代悠遠也。傳曰。神祖之後。有辰沄謨率氏。本與東表阿斯牟須氏爲一。辰沄謨率氏有子。伯之裔爲日馬辰沄氏,叔之裔爲干靈辰沄氏。干靈岐爲干來,二干隔海而望。干來又分爲高令云。然有今不可得攷焉。其最顯者爲安冕辰沄氏。本出東表牟須氏。與殷爲姻。讓國於賁彌辰沄氏。賁彌氏立未日。漢寇方薄,其先入朔巫達。擊退之。淮委氏沃委氏竝列藩嶺東,爲辰守郭。潘耶又觀兵亞府閭,以掣漢。

蓋し辰は古い国であり、上代より悠遠なり。伝えて曰く、神祖の後、辰沄謨率氏有り。本東表の阿斯牟須氏と同一なり。辰沄謨率氏に子有り。伯の後裔を日馬辰沄氏といい、叔の後裔を干霊辰沄氏という。干霊は岐れて干来となり、二千里海を隔てて而して干来を見ることができる。又分れて高令となるという。然るに今はそれを考えることができない。その最も顕著なる者が安冕辰沄氏である。本東表の牟須氏の出であり、殷と姻をなす。国を賁彌辰沄氏に譲る。賁彌氏が立って未だ日が経たないうちに漢が攻めてきて、方に薄り、その先朔巫達に入る。これを撃退す。淮委氏、沃委氏は並び連なり嶺東に藩をつくり辰の守郭となる。潘耶は又亜府閭に兵を観せ、以て漢を掣む[5] — 契丹古伝

辰(辰沄謨率氏)は東表の阿斯牟須氏と同一であるといい、東表とは中原から見て東の表という意味であり、東表は『春秋左氏伝襄公三年に「孟献子日,以敝邑介在東表…」とあり、魯国は東表にあるといい、魯国を含む東方を東表という[5]。辰はこの東表の阿斯牟須氏と同一であるという。辰のルーツは東表であり、その一派が干霊であり、岐れて干来となり、二千里の海を隔てて居すとある[5]。東表から、山東半島に沿い対岸の遼東半島へ渡り、殷人と婚姻をなし、賁彌氏がが立って未だ日が経たないうちにが攻めてきた。淮委氏と沃委氏は並び連なり嶺東に藩をつくり辰の守郭となる。辰を淮委氏や沃委氏という種族が守っている。辰はこれらの種族が主要な民族であることがわかる[5]

契丹古伝』の記録によると「神牛首者 鬼蛇身者 詐 吾神子號, 造 犧農黃昊陶虞, 濫命蕃祀, 自謂予聖寧識.」と書いている。 これによると、自ら殷の末裔と考えた契丹人の著者は、古代中国人歴史家たちの歴史歪曲に対して怒りを表現している。しかし、これに対する契丹人著者の反応は、中国人と同じように歴史歪曲を使用することだった。契丹古伝は偽書である可能性が高い本だが、もし真書だとしても復讐の念による悪意的歴史歪曲が含まれる本なので信頼不可能な本だ。

記録に対する論証[編集]

『後漢書』によると、「地合方四千餘里、東西以海爲限、皆古之辰國也。」なので半島南側の西側と東側の両方が辰国であることが分かる。 『後漢書』の他の記録によれば、「初、朝鮮王準爲衛滿所破、乃將其餘衆數千人走入海、攻馬韓、破之、自立爲韓王。準後滅絶、馬韓人復自立爲辰王。」であるが、当時は辰国であるため、馬韓とは前漢以後の地理情報による追記である。

一方、『後漢書』の記録によると、「辰韓、耆老自言秦之亡人、避苦役、適韓國、馬韓割東界地與之。其名國爲邦、弓爲弧、賊爲寇、行酒爲行觴、相呼爲徒、有似秦語、故或名之爲秦韓。」この記録で問題が現れる。 秦の滅亡は紀元前206年であり、半島韓国は紀元前194年から存在するため論理的にあり得ない事件だ。 また、辰韓の一種である新羅の記録から、「其名國爲邦、弓爲弧、賊爲寇、行酒爲行觴、相呼爲徒」と一致する記録は全く見つからない。 また、『後漢書』では、「都目支國、盡王三韓之地」に目支国を都とするという記録があるが、『三國志』「東夷傳」では、「辰王治月支國」辰王は月支国を治めると誤記されている。 『翰苑』に引用された『魏略』や『後漢書』の『東夷列傳』と『通典』には「目支国」と表記されている。 すなわち、「月」は「目」の誤記であり、秦の流亡人捏造のための故意的誤記である可能性が高い。

当初、秦の労役が嫌で逃げたのになぜ秦人と呼ばれるのか理解できず、中国東北の労役になぜ西側の秦人が動員されるのかも理解できない。 先史時代の月支の構成民族の半島東北からの移動を歴史時代の半島西北からの移動に捏造したのだ。

位置[編集]

魏略』には、「《魏略》曰:初,右渠未破時,朝鮮相曆谿卿以諫右渠不用,東之辰國,時民隨出居者二千餘戶,亦與朝鮮貢蕃不相往來。(→衛満の孫の右渠王漢武帝の侵略を受ける前に、朝鮮相と歴谿卿は右渠王を諌めたが用いられず、東側にある辰国に亡命したが、その時民のうちで隨う者が2,000余戸もあったという。その後、衛氏朝鮮との関係を絶った。)」と記している[6]

三国志』には「辰韓者古之辰国也」とあり、3世紀辰韓は辰国の後身とされている。これに対し、『三国志』よりも新しい『後漢書』では「韓有三種:一曰馬韓、二曰辰韓、三曰弁辰。馬韓在西,有五十四國,其北與樂浪,南與倭接,辰韓在東,十有二國,其北與濊貊接。弁辰在辰韓之南,亦十有二國,其南亦與倭接。凡七十八國,伯济是其一國焉。大者萬餘户,小者數千家,各在山海間,地合方四千餘里,東西以海為限,皆古之辰國也。」と記しており[7]三韓の地すべてが昔の辰国であるとしていて『三国志』とは異説となっている。いずれにしろ辰国は辰韓または三韓の前身であるとされている。

初出箇所の問題点[編集]

衛氏朝鮮の滅亡とほぼ同時代史料といえる『史記』の朝鮮伝の中で「真番旁衆国」として書かれたのが初出である。 この部分は版本によっては「真番旁辰国」になっている。約200年後の『漢書』ではこの部分を「真番辰国」と書いているが、単なる誤写なのか、『漢書』が新しい情報に基づいて訂正したのかが論争となる。 またこれらの諸例から類推して「真番衆国」が原形だったと想像することも論理上は可能である。原形がどうであったかによって解釈も以下のように分かれる。

  • 真番旁衆国 - のちの真番郡に該当する地域に隣接して、諸々の小国が存在する一帯があった
  • 真番旁辰国 - のちの真番郡に該当する地域に隣接して、「辰国」なるものが存在した
  • 真番辰国 - (A)のちの真番郡に該当する地域と「辰国」
  • 真番辰国 - (B)のちの真番郡に該当する地域である「辰国」
  • 真番衆国 - (A)のちの真番郡に該当する地域と諸々の小国
  • 真番衆国 - (B)のちの真番郡に該当する地域である諸々の小国

考古学的発掘[編集]

辰国の遺跡からは、明刀銭や銅製三角錐鏃が出土しているが、明刀銭は、平明邑新明邑の鋳造であることは古泉家の常識である。また銅製三角錐鏃は楽浪郡の古墳・土城址からも多数発見されており、鉄莖を遺存する例も珍しくなく、漢人通有のとみられる[8]。辰国には種々の人々が逃げてきており、燕の造った明刀銭が大量に出土するのも、燕全盛時にその支配下にあった人々が逃げてきているからである[8]。あるいは燕人衛満亡命してくるときに燕の明刀銭を大量にもってきた可能性もある。これらの遺跡の所在地の特徴について梅原末治藤田亮策は、「禿魯江からは峻嶺狗幌又は狄蹴嶺を越えると清川江の上游に出ることが出来て、それは古来鴨緑江上流地方と平安道海岸地方とを結ぶ主要な交通路に当たっている。今日では文化の光に遠い山間に早くも先秦の貨幣のかくも多数埋蔵されていることは、当然右と連関するものであって、半島の最初の金属文化の流入がこの経路に依ったのを有力に物語るものであらねばならぬ」と述べている[8]

辰国に関する諸説[編集]

実在[編集]

実在説を唱えるものには、『資治通鑑[9]今西龍[10]李丙燾朝鮮語版朝鮮語: 이병도ソウル大学[11]、現在の韓国学界[12]などがある。

非実在[編集]

三品彰英は、『史記』の「真番旁衆国」が本来の文面だったとしている。「真番辰国」と誤写した『漢書』に辰国があったという観念が流布したことから、3世紀の『魏略』や『三国志』の「辰国」説につながった。つまり錯誤から生まれたものであり、辰国という実態は歴史上存在しなかったとした。井上秀雄は、三品彰英の辰国否定説は今西龍の唱えた実在説への反論であるが、1972年の時点でこの三品説は論破されていないため、非実在説を定説とみなすべきであるにもかかわらず、不思議なことに日本学界でも韓国学界でも辰国実在説をとる学者が多いと指摘している[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 世界大百科事典辰国』 - コトバンク
  2. ^ 簡江作 『韓國歷史與現代韓國』台湾商務印書館中国語版、2005年8月1日、5頁。ISBN 9789570519891https://books.google.co.jp/books?id=yW9Lyom56T4C&pg=PA5=onepage&q&f=false#v=onepage&q&f=false 
  3. ^ 簡江作 『韓國歷史與現代韓國』台湾商務印書館中国語版、2005年8月1日、2頁。ISBN 9789570519891https://books.google.co.jp/books?id=yW9Lyom56T4C&pg=PA2=onepage&q&f=false#v=onepage&q&f=false 
  4. ^ a b c d 佃収 『倭人のルーツと渤海沿岸』星雲社〈「古代史の復元」シリーズ〉、1997年12月1日、246頁。ISBN 4795274975 
  5. ^ a b c d 佃収 『倭人のルーツと渤海沿岸』星雲社〈「古代史の復元」シリーズ〉、1997年12月1日、253-254頁。ISBN 4795274975 
  6. ^
    《魏略》曰:初,右渠未破時,朝鮮相曆谿卿以諫右渠不用,東之辰國,時民隨出居者二千餘戶,亦與朝鮮貢蕃不相往來。 — 三国志、魏書三十
  7. ^
    韓有三種:一曰馬韓、二曰辰韓、三曰弁辰。馬韓在西,有五十四國,其北與樂浪,南與倭接,辰韓在東,十有二國,其北與濊貊接。弁辰在辰韓之南,亦十有二國,其南亦與倭接。凡七十八國,伯济是其一國焉。大者萬餘户,小者數千家,各在山海間,地合方四千餘里,東西以海為限,皆古之辰國也。 — 後漢書、卷八十五
  8. ^ a b c 佃収 『倭人のルーツと渤海沿岸』星雲社〈「古代史の復元」シリーズ〉、1997年12月1日、247-250頁。ISBN 4795274975 
  9. ^ 11世紀に編まれた『資治通鑑』は『漢書』の「真番辰国」とある部分を単に「辰国」とのみ書いている。
  10. ^ 今西龍は『史記』の異本の「真番旁辰国」を本来の文と考え、のちの真番郡に該当する地域と辰国は隣接していたと唱えた。
  11. ^ 李丙燾朝鮮語版朝鮮語: 이병도ソウル大学)は、辰国は小国の集まり(部族連盟体)だから「衆国」と書いても同じ事であり、真番は衛氏朝鮮に属していたが辰国は衛氏朝鮮から独立していたとした。
  12. ^ 韓国学界では辰国を歴史上実在した国とし、紀元前3世紀から紀元前2世紀の間に存在した鉄器時代国家であり、細型銅剣文化を有する農耕社会だったとしている。
  13. ^ 井上秀雄 『古代朝鮮』日本放送出版協会NHKブックス172〉、1972年。ISBN 4-14-001172-6