櫛目文土器時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝鮮歷史
朝鮮の歴史
考古学 櫛目文土器時代 8000 BC-1500 BC
無文土器時代 1500 BC-300 AD
伝説 檀君朝鮮
史前 箕子朝鮮
辰国 衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 漢四郡
馬韓 帯方郡 楽浪郡

三国 伽耶
42-
562
百済
前18-660
高句麗
前37-668
新羅
前57-
南北国 熊津安東都護府
統一新羅
鶏林州都督府
676-892
安東
都護府
668-756
渤海
698
-926
後三国 新羅
-935

百済

892
-936
後高句麗
901
-918
女真
統一
王朝
高麗 918-
遼陽行省
東寧双城耽羅
元朝
高麗 1356-1392
李氏朝鮮 1392-1897
大韓帝国 1897-1910
近代 日本統治 1910-1945
現代 連合軍軍政期 1945-1948
大韓民国
1948-
朝鮮民主主義
人民共和国

1948-
Portal:朝鮮

櫛目文土器時代(くしめもんどきじだい)または櫛文土器時代(せつもんどきじだい)とは朝鮮考古学的な時代区分で、紀元前8000年から1500年の頃に及ぶ。前期から中期にかけての土器に櫛の歯のようなもので模様がつけられたこと(櫛目文土器)から命名されている。 土器が作られ始めた時代で、朝鮮における新石器時代ともされるが、日本の縄文時代と同様、農業はまだ小規模で、狩猟や採集が中心であった。

櫛目文土器文化のあとには、大規模な農耕を伴う無文土器文化が広まる。

ソウル市岩寺洞遺跡出土の櫛文土器、紀元前4千年頃

歴史[編集]

普通、草創期・前期・中期・後期に分けられる。

草創期[編集]

草創期は紀元前8000年から6000年頃とされる。初期の土器としては南部から隆起文土器が発見されている。

前期[編集]

前期は紀元前6000年から3500年頃とされる。漁労や狩猟が行われ、竪穴式住居で半定住的生活が行われた。後半期には大規模な貝塚が見られる。

紀元前4000年頃に櫛目文土器が出現する。これはユーラシア北部一帯(フィンランド、ロシア、シベリア、中国東北部など)にみられる土器だが、最古のものは遼河文明から発見されており[1]、当時の朝鮮半島はウラル系民族ハプログループN (Y染色体))が担う遼河文明圏[2]にあったことが示唆される。朝鮮民族の基層はウラル系民族の可能性が高い。

一方、縄文時代前期に日本列島九州から南西諸島まで広まった曽畑式土器も、朝鮮の櫛目文土器の影響を強く受けたと考えられている。同時代には他に朝鮮半島に起源があるとされる「結合式釣り針」、日本列島に起源があるとされる「隆起文土器」、「鋸歯尖頭器石鋸」など南朝鮮と九州に共通する文化要素が見られる。

中期[編集]

中期は紀元前3500年から2000年頃とされる。雑穀などの栽培が始まったと見られるが、中心は漁労や狩猟にあったと考えられる。

後期[編集]

後期は紀元前2000年から1500年頃とされる。内陸部の居住が増えて貝塚が少なくなり、農業への依存が進んだと考えられる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中国北方新石器文化研究の新展開【詳細報告】「東北アジアにおける先史文化の交流」 王 巍(中国社会科学院考古研究所・副所長)
  2. ^ Yinqiu Cui, Hongjie Li, Chao Ning, Ye Zhang, Lu Chen, Xin Zhao, Erika Hagelberg and Hui Zhou (2013)"Y Chromosome analysis of prehistoric human populations in the West Liao River Valley, Northeast China. "