朝鮮人民共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝鮮人民共和國
조선인민공화국
日本統治時代の朝鮮 1945年 - 1945年 ソビエト民政庁
在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁
朝鮮人民共和国の国旗 朝鮮人民共和国の国章
太極旗 (国章)
国の標語: 자주독립국가(自主獨立國家)[1]
国歌: 愛国歌
朝鮮人民共和国の位置
公用語 朝鮮語
首都 京城府
主席・副主席
1945年 - 1945年 李承晩主席[2]
1945年 - 1945年 呂運亨副主席
国務総理
1945年 - 1945年 許憲
面積
220,788.44km²
変遷
朝鮮建国準備委員会設置 1945年8月15日
政府樹立宣言 1945年9月6日
連合軍の政府承認拒絶 1945年10月10日
通貨 朝鮮円
時間帯 UTC +9
朝鮮人民共和国
各種表記
ハングル 조선인민공화국
漢字 朝鮮人民共和國
発音 チョソンインミンコンファグク
日本語読み: ちょうせんじんみんきょうわこく
文化観光部
2000年式

マッキューン=
ライシャワー式

英語表記:
Joseon inmin gonghwaguk

Chosŏn inmin konghwakuk

People's Republic of Korea (PRK)
テンプレートを表示

朝鮮人民共和国(ちょうせんじんみんきょうわこく)は、大日本帝国大東亜戦争に関するポツダム宣言の受諾を宣言(玉音放送)した後、朝鮮総督府から朝鮮行政権を移譲されて1945年9月6日から短期間存在した臨時政府である[3]

国家の承認政府承認をした国や外交関係を樹立した国もないため、大韓民国臨時政府と同様に国際法上の「国家」とは言えない。だが、朝鮮人民共和国の地方組織である人民委員会は、ソ連軍が占領した北朝鮮(北緯38度線以北)地域で存続し続け、後の北朝鮮人民委員会、更には朝鮮民主主義人民共和国の礎となっていった。

設立[編集]

日本のポツダム宣言受諾後、朝鮮総督府政務総監遠藤柳作日本統治終了以後の朝鮮半島無政府状態に陥るのを恐れ、民衆保護のため朝鮮人による政府樹立を、人望のあった政治活動家呂運亨に要請した。呂は8月15日、ただちに朝鮮建国準備委員会(建準)を設置し、朝鮮総督府から行政権の事実上の移譲を受けることになり、翌月の9月6日には建国宣言を行った。発表された閣僚名簿には金日成李承晩が含まれていた。

その後[編集]

9月8日、朝鮮半島に上陸した連合国軍(実質的にアメリカ軍)は臨時政府を認知せず、アメリカ軍政庁を設置した。

その後、臨時政府はアメリカソ連冷戦により短期間で瓦解、連合国側の当初のプランであった信託統治についても冷戦の影響で決裂する。朝鮮の世論は信託統治への賛否で二分され、信託統治に反対する右派は「非常国民会議」を結成、一方で朝鮮人民共和国のメンバーは1946年2月に民主主義民族戦線に発展的に解消した。これを契機に朝鮮は分断へと突き進むことになった。1947年には呂運亨は右翼に暗殺され、1948年に親米的な李承晩を首班とした大韓民国が、アメリカの承認のもとで朝鮮半島南部に建国されることになる。

備考[編集]

この「朝鮮人民共和国」は、実態を超えて、統一朝鮮を願う者にとっては失われた理想を示す言葉として幻の共和国とも呼ばれ、理想化して語られることがある。実際、この時期の朝鮮には路線の違いはあれ、長い日本による統治から解放され自由で民主的な社会(国家)を作ろうとする熱気に包まれていた。朝鮮の民族運動に対するアメリカ軍とソ連軍赤軍)の無理解も、朝鮮の分断の固定化と長期化に繋がったとされる。

脚注[編集]

  1. ^ 조선인민공화국 한국민족문화대백과
  2. ^ ただし、本人は一度も就任を承諾していない。
  3. ^ 朝鮮人民共和国は公式な解散宣言を出していないため、どの時点で消滅したかが不明確である。ただ、アメリカ軍政庁1945年10月10日に行政組織としての朝鮮人民共和国を公式に否定しているため、政府としての朝鮮人民共和国はこの時点で終わったと大韓民国では考えられている[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]