後高句麗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
903年頃の後高句麗の版図(黄緑)

泰封(ごこうくり、899年918年)は、後三国時代、挙兵した弓裔(クンイェ)が901年高麗の復興を唱えて、国号を高麗と定めたことにちなむが、挙兵から滅亡までの弓裔政権全体を指すことが多い。

実際には、弓裔は、899年の挙兵当時、自分が新羅第48代景文王の庶子であることを自称し、901年には、開城に遷都して国号を高麗と定め、904年には国号を摩震に改め、更に905年には、鉄円(江原道鉄原郡)に遷都して国号を泰封に改めている。

泰封は、独自の年号や官制を定めている。新羅後百済に対して優勢を占め、自らを弥勒菩薩とまで自称するまでに傲慢となった弓裔は、918年、部下の王建により滅ぼされ、泰封は消滅した。

関連項目[編集]

朝鮮歷史
朝鮮の歴史
櫛目文土器時代
無文土器時代
辰国

三韓
古朝鮮 檀君朝鮮
箕子朝鮮
衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 馬韓

漢四郡
三国 任那 百済 高句麗
新羅
熊津安東都護府
南北国 統一
新羅
安東都護府
後三国 新羅 後百済 泰封 東丹国
高麗
双城 東寧 耽羅
元朝
高麗
李氏朝鮮
大韓帝国
日本統治時代
連合軍軍政期
大韓民国 朝鮮民主主義人民共和国
Portal:朝鮮