梅原末治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梅原 末治(うめはら すえじ、1893年8月13日 - 1983年2月19日)は、日本の東洋考古学者京都大学名誉教授。日本考古学の基礎を築いた。文学博士(京都帝国大学、1939年)。大阪府南河内郡古市村(現羽曳野市)出身。子息は、京都大学名誉教授(人文科学研究所)の梅原郁(東洋史、宋代官僚制・司法制度研究で、2010年日本学士院賞受賞)。

略歴[編集]

  • 1913年 同志社普通学校(現・同志社高等学校)卒業
  • 1914年 京都帝国大学文科大学陳列館助手
  • 1921年 朝鮮総督府古跡調査委員
  • 1929年 東方文化学院京都研究所(現・京都大学人文科学研究所)所員
  • 1933年6月 京都帝国大学文学部史学科助教授(考古学講座)
  • 1939年3月 京都大学から文学博士 「支那青銅器時代の研究」
  • 1939年7月 京都帝国大学文学部史学科教授(考古学講座)
  • 1948年7月 京都大学評議員(11月まで)
  • 1956年8月 京都大学名誉教授

人物[編集]

病弱のため大学進学は叶わなかった。日本で初めて京大に考古学教室を開いたことで知られる濱田耕作に師事し、多年にわたり日本ばかりでなく朝鮮、中国にて考古学の研究に従事し、功績を残した。型式学的研究法の確立で日本考古学に貢献した。

個性的な性格のため、多くの同年代の考古学者(末永雅雄小林行雄など多数)との確執を生んだ。門下生達との座談会での回想が、『東方学回想 IV 学問の思い出〈3〉』(刀水書房、2000年)に収録されている。

受賞歴・叙勲歴[編集]

著書[編集]

  • 「弥生土器形式分類聚成図録」(『京都帝国大学文学部考古学研究報告』3、1919年)最初の図録を作成。
  • 鑑鏡の研究』大岡山書店 1925
  • 銅鐸の研究』大岡山書店 1927 のち木耳社、1985
  • 『欧米に於ける支那古鏡』刀江書院 1931
  • 『漢三国六朝紀年鏡集録』岡書院 1931
  • 『古代北方系文物の研究 明斯教授頌寿記念』星野書店 1938 のち国書刊行会
  • 『支那考古学論攷』弘文堂 1938
  • 『紹興古鏡聚英』桑名文星堂 1939 同朋舎出版 1984
  • 『日本考古学論攷』(弘文堂書房、1940年)
  • 『河南安陽遺物の研究』桑名文星堂 1941 同朋舎出版 1984
  • 『漢三国六朝紀年鏡図説』桑名文星堂 1943 京都帝国大学文学部考古学資料叢刊 同朋舎出版 1984
  • 『支那漢代紀年銘漆器図説』桑名文星堂 1943 京都帝国大学文学部考古学資料叢刊 同朋舎出版 1984
  • 『東亜考古学論攷』第1 星野書店 1944
  • 『唐鏡大観』美術書院 1945 京都帝国大学文学部考古学資料叢刊 同朋舎出版 1984
  • 『朝鮮古代の文化』高桐書院 1946 のち国書刊行会
  • 『東亜の古代文化』養徳社 1946
  • 『朝鮮古代の墓制』座右宝刊行会 1947 のち国書刊行会
  • 『東亜考古学概観』星野書店 1947
  • 『日本の古墳墓』養徳社 1947
  • 『支那古玉図録』桑名文星堂 1955 京都大学文学部考古学資料叢刊 同朋舎出版 1984
  • 『殷墓発見木器印影図録』便利堂 1959
  • 『日本蒐儲支那古銅精華』第1-6編 山中商会 1959-1964
  • 『殷墟』朝日新聞社 1965
  • 『日本古玉器雑攷』(吉川弘文館、1971年)
  • 『慶州金鈴塚飾履塚 大正13年度古蹟調査報告』図書刊行会 1973
  • 『考古学六十年』平凡社 1973
  • 『殷墟出土白色土器の研究』同朋舎出版 1984
  • 『河南安陽遺宝』同朋舎出版 1984
  • 『漢以前の古鏡の研究』同朋舎出版 1984
  • 『古銅器形態の考古学的研究』同朋舎出版 1984
  • 『戦国式銅器の研究』同朋舎出版 1984
  • 『柉禁の考古学的考察』同朋舎出版 1984
  • 『洛陽金村古墓聚英』同朋舎出版 1984

共編著[編集]

  • 『朝鮮古文化綜鑑』第1-4巻 藤田亮策共編著 養徳社 1947-1966
  • 『通溝 満州国通化省輯安県高句麗遺蹟』池内宏共著 国書刊行会 1973

外部リンク[編集]