カリギュラ効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カリギュラ効果(カリギュラこうか)とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことをいう[1]。例えば、「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなる心理現象が挙げられる[2]

背景[編集]

ローマ帝国の皇帝カリグラをモデルにした1980年のアメリカ・イタリア合作映画『カリギュラ』が語源で、過激な内容のため、ボストンなどの一部地域で公開禁止になったことで、かえって世間の話題を惹いたことにちなむ[3][4]という。概ね日本固有の用語である。ちなみにアメリカにはかつて「ボストンでは禁止 (Banned in Bostonという慣用句があった。

用例[編集]

この効果は、広告宣伝やテレビ番組でも利用されている。例えば、テレビ番組で、「ピー」などの効果音を付けて発言を聞こえなくしたり、モザイク処理をかけて映像の一部を見えなくすることにより、いっそう視聴者の興味をかき立てるなどである。

「カリギュラ効果」は学術的な用語ではないものの、その関心事の面白みからいくつかの実用書において紹介された事例がある[1][5][6]。ちなみに、このような関心事は実験心理学の関心事としても成立し、学術的な用語としては「心理的リアクタンス英語版」が用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典

参考文献[編集]

  • 樺, 旦純 『怖いくらい人を動かせる心理トリック』 三笠書房〈王様文庫〉、2003年3月。全国書誌番号:20375388ISBN 4837961835NCID BA62423197OCLC 167611474ASIN 4837961835
  • 川島, 康平 『お客をつかむウェブ心理学』 同文館出版〈DO BOOKS〉、2008年7月17日。全国書誌番号:21463304ISBN 4495580310NCID BA86626814OCLC 675780791ASIN 4495580310
  • 植木, 理恵 『シロクマのことだけは考えるな!』 マガジンハウス、2008年8月21日。全国書誌番号:21487209ISBN 4838718977NCID BA87022196OCLC 676238164ASIN 4838718977
  • 菊原, 智明 『トップ営業マンが使っている 買わせる営業心理術』 明日香出版社〈アスカビジネス〉、2011年2月13日。全国書誌番号:21898587ISBN 4756914373NCID BB08784437OCLC 701704410ASIN 4756914373
  • 酒井, 穣 『ビジネスでいちばん大事な「心理学の教養」』 中央公論新社中公新書ラクレ〉、2013年7月9日。全国書誌番号:22293481ISBN 4121504623NCID BB12890915OCLC 852779467ASIN 4121504623

関連項目[編集]

外部リンク[編集]