禁止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

禁止(きんし)とは、ある行為を行ってはいけないこと、またはその状態をいう。

禁止の態様としては、宗教・道徳などを通じてその価値観に反する行為を禁止することや、支配者・権力者がその目的を果たすために被支配者・権力に服する者に自身の意向・命令に反する行為を禁止することなどがある。明示的であれば黙示的であることもある。現在では、禁止とは法令違反のことをいうことが多い(駐車禁止)。

  • 「法規範による禁止」
    禁止によって特定の行為にでないこと(不作為)が法規範によって強制されている(義務付けられている)場合には、人は法規範を通じて不作為を命じられることになる。その状態を「不作為義務を負う」と形容することがある。
  • 「行政行為としての禁止」
    行政行為の分類の一つとしての禁止については、行政行為を参照。

関連項目[編集]