アオバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アオバト
Treron Sieboldii.jpg
アオバト(雄)
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハト目 Columbiformes
: ハト科 Columbidae
: アオバト属 Treron
: アオバト T. sieboldii
学名
Treron sieboldii
(Temminck, 1835)
和名
アオバト
英名
White-bellied green-pigeon

アオバト(緑鳩、学名Treron sieboldii)は、ハト目ハト科アオバト属に分類される鳥。

かつてはキジバトと同様に「ヤマバト」とも呼ばれていたようである。また、種小名は、テミンクシーボルト献名したものである。

分布[編集]

中国台湾日本

本州、四国、九州で繁殖する留鳥。北海道では夏鳥(6月初旬に道内に飛来し秋になると本州へと渡る[1])、南西諸島台湾、中国では冬鳥

形態[編集]

全長33cm。名前の通り全体的にオリーブ色だが、オスは頭から胸にかけてが黄色、腹はクリーム色、肩から羽が暗赤色。一方メスはそれらの箇所もオリーブ色である。虹彩は青色。

Sibley分類体系上の位置[編集]

本種は従来の分類とSibley-Ahlquist鳥類分類において分類上の位置に変化はない。

生態[編集]

広葉樹林や針広混交林を好み、単独~多い時は10羽程度の群れを作って行動する。

「オーアーオー」等と聞こえる独特の声で鳴く。樹上に木の枝を束ねた皿型の巣を作る。

植物食で果実種子等を食べる。

6月頃に乳白色の卵を産む。一腹卵数は2卵。現在、繁殖が確認されているのは日本のみ。 比較的身近な鳥でありながら、その産卵習性などが発見されたのは、戦後(第二次世界大戦)以降の事である。

森林に生息しているが夏から秋にかけて海岸に現れることもある[1]。その理由は塩分やミネラル補給のためと考えられている[1]小樽市や神奈川県大磯町の海岸などでは、アオバトが連日、群れで遠路飛来し、海水を飲む行動が頻繁に観察されている。この行動を行う場所はほぼ固定されている。その際、尾羽から下半身にかけてを意図的に海水に漬ける「尾浸け」という行動を行うことが知られているが、なぜそうするのかは明らかになっていない。海水を飲む際には高波に呑まれたりハヤブサに襲われて命を落とす個体もいるという[1]。なお、当然ながら海のない地域(栃木県など)の集団は、海水を摂取する行動はとらない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]