やませ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海から上陸する「やませ」

やませ(山背)とは、春から秋に、オホーツク海気団より吹く冷たく湿った北東または東風(こち)のこと。特に梅雨明け後に吹く冷気を言うことが多い。 やませは、北海道東北地方関東地方太平洋側に吹き付け、海上と沿岸付近、海に面した平野に濃霧を発生させる。やませが長く吹くと冷害の原因となる。なお、オホーツク海気団と太平洋高気圧がせめぎあって発生する梅雨が遷延しても冷害となる。

概要[編集]

やませ(鵜ノ巣断崖麓

夏季にオホーツク海気団から吹く北東風は冷涼・湿潤なであり、海上を進む間にを発生させ、太平洋側の陸上に到達すると日照時間の減少や気温の低下の影響を及ぼす。ただし、脊梁山脈(奥羽山脈など)を越えるとフェーン現象が発生するため、日本海側では日照時間の増大と気温上昇となる。歴史上も出羽は豊作、陸奥は凶作という場合もあり、秋田民謡生保内節では、東風は宝風として唄われている。「やませ」は、農作物や漁獲に悪影響を与えるこの風の太平洋側の呼称である。また、やませが続いた場合、大阪と東京の気温差が10℃以上になることもある。

やませが吹き付ける範囲を「影響範囲」とすると、北海道の影響範囲では元々稲作をおこなわず、牛馬の牧畜や畑作がなされており、やませが長く吹き付けても農業への影響は少ない。青森県の太平洋側(南部地方など)から三陸海岸の影響範囲も畑作や牧畜が中心で、北海道と同様にやませの影響は折込済みである。また、関東地方の太平洋岸の影響範囲も畑作・牧畜中心であり、且つ、やませが到達する回数自体が少ないので、「冷害」とはなりづらい。

影響範囲で最もやませの影響を受けるのは、稲作地である岩手県の北上盆地・宮城県の仙台平野・福島県の浜通り北部である(青森県の津軽平野や福島県中通りも影響を受ける場合がある)。

現代の東北地方のの栽培方法は、春季はビニールハウスなどで育苗し、気温が上がると露地栽培が可能となるため晩春に田植えをし、夏季の高温を利用して収量を確保する(昭和40年代前半くらいまでは田植え時期が現在より遅く、初夏にさしかかるころに行われ、稲刈りは晩秋頃であった)。

夏の盛りは、現在の東北地方における稲の開花時期に当たるが、この時期にやませが長く吹き付けて日照時間減少と気温低下が起きると、収量が激減して「冷害」となる。

江戸時代はが産業の中心であったこと、江戸時代を通じて寒冷な気候であったこと、また、現在ほど品種改良が進んでいなかったことなどのため、盛岡藩仙台藩を中心に、やませの長期化が東北地方の太平洋側に凶作を引き起こした。凶作は東北地方での飢饉を発生させたのみならず、三都(江戸・大坂・京)での米価の上昇を引き起こし、打ちこわしが発生するなど経済が混乱した。戦後は冷害に強い品種がつくられ、飢饉に至ることはなくなった。しかし、一億総中流以降、首都圏をはじめとする大消費地のブランド米志向が顕在化し、冷害に弱くとも味のいい品種(コシヒカリササニシキなど)が集中栽培される傾向が進んだため、再び冷害に弱くなって「1993年米騒動」が発生した。その反省から、冷害対策は「多品種栽培」が趨勢となった。近年は、米の市場価格下落のため、ブランド米志向に再び戻りつつあり、「1993年米騒動」の再来が危惧されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]