海霧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海霧(うみぎり[1]、かいむ[2])は、暖かく湿った空気が、冷たい海面に接することで生じるで、特に移流霧として陸上に達する濃霧。

概説[編集]

日本北海道や、千島列島を含む北部北太平洋では、夏になると海霧が発生しやすくなる[3][4]。これは北太平洋高気圧から吹き出す比較的温暖湿潤な空気が、寒冷な親潮の影響を受けて海霧を生じさせるものである[3]。また、人為的物質を含めた陸由来の空中の微粒子の存在も、霧を発生させやすくする要因のひとつである[3]。内陸部の背後に山地がある関係で、釧根地方では流れ込んだ海霧が滞留しやすく、日照期間が少ない冷涼な気候になっている[4]北海道沿岸、特に釧路などでは、こうした海霧を「じり」と称し[5]、しばしば「霧と霧雨の中間」などとも表現される。

釧路市(1981 - 2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) −0.6
(30.9)
−0.4
(31.3)
2.7
(36.9)
7.7
(45.9)
12.0
(53.6)
15.2
(59.4)
18.6
(65.5)
21.2
(70.2)
19.7
(67.5)
14.8
(58.6)
8.7
(47.7)
2.5
(36.5)
10.17
(50.33)
平均最低気温 °C (°F) −10.4
(13.3)
−9.9
(14.2)
−4.9
(23.2)
0.3
(32.5)
5.0
(41)
9.0
(48.2)
12.8
(55)
15.5
(59.9)
12.3
(54.1)
5.5
(41.9)
−0.8
(30.6)
−7.1
(19.2)
2.28
(36.09)
平均月間日照時間 182.0 181.9 200.6 181.9 188.3 129.3 107.4 127.1 149.7 180.9 166.6 173.6 1,969.5
出典: 気象庁[6]

オホーツク海沿岸ではオホーツク海高気圧によって海霧が生じると考えられているが、発生の詳しい仕組みは明らかになっていない[7]

北海に面したイギリスでは、ハール (haar) と呼ばれる海霧がしばしば発生する。

文学における言及[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ このほか、加賀乙彦赤羽尭に同名の別作品がある。

出典[編集]

  1. ^ 百科事典マイペディア『海霧』 - コトバンク
  2. ^ 学研キッズネット かいむ【海霧】”. 学研教育出版. 2012年8月30日閲覧。
  3. ^ a b c 植松光夫「西部北太平洋亜寒帯海域における酸性海霧の発生要因」、『低温科学』第68号、北海道大学低温科学研究所、2010年3月3日、 49-52頁。NAID 40018948541
  4. ^ a b 佐々木章晴「根釧地方の酪農開発が自然環境に与える影響」、『日本草地学会誌』第55巻第3号、日本草地学会、2009年10月15日、 251-261頁。NAID 110007482821
  5. ^ Yahoo!辞書 じり1”. Yahoo! Japan. 2012年8月30日閲覧。
  6. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2012年1月22日閲覧。
  7. ^ 岩本勉之、立花義裕「P114 オホーツク海高気圧のラジオゾンデ観測 : 海霧と大気海洋双方向作用」、『大会講演予講集』第94号、社団法人日本気象学会、2008年10月31日、 361頁。NAID 110007625838
  8. ^ 吉川英治文学賞(過去の受賞者一覧)”. 講談社. 2012年8月30日閲覧。
  9. ^ 釧路ゆかりの作家たち 原田康子”. 市立釧路図書館. 2012年8月30日閲覧。
  10. ^ 時代を生きる人間を……--受賞作「海霧のある原野」について聞く 窪田精”. 国立国会図書館. 2012年8月30日閲覧。

関連項目[編集]