塩野米松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塩野 米松(しおの よねまつ、1947年1月1日 - )は、日本の作家。秋田県角館町(現仙北市)出身。秋田県立角館高等学校から東京理科大学理学部応用化学科卒業。

全国各地を旅して漁師や職人の聞き書きを行い、失われゆく伝統文化・技術の記録に精力的に取り組んでいる。1992年に「昔の地図」で第107回芥川賞候補となる。以後、1993年「オレオレの日」、1994年「空っぽの巣」、1996年「ペーパーノーチラス」と計4回候補に挙がる。

2003年『なつのいけ』で日本絵本賞大賞を受賞、それまでの作家活動を讃え、国際天文連合より小惑星11987にYONEMATSUの名が授与された。

2009年公開の映画『クヌート』の構成を担当した。

著書[編集]

  • 『セミとトンボ』(トーア出版 ひかりのくに(はじめてのずかん) 1980年)
  • 『ゆうえんち』(トーア出版 ひかりのくに(はじめてのずかん) 1980年)
  • 赤毛のアンのカントリーノート』(求竜堂 1983年)
  • 『おみちゃんさっちゃんのこどもえじてん』(求竜堂 1984年)
  • 『父さんの小さかったとき』(福音館書店 1988年)
  • 『ちょっと森に居ます。 アンクル米松のアウトドア・ピクチャーブック』(山海堂 1988年)
  • 『冒険者の気分で アンクル米松のフィールドノート』(フレーベル館 1988年)
  • 『るすばんムクドリ君へ』(講談社 1988年)
  • 『サンタクロース物語』(求竜堂 1989年)
  • 『アンクル米松の不思議眼鏡』(小学館 1989年)
  • 『たき火のそばで アンクル米松のアウトドア道具図鑑』(山海堂 1989年)
  • 『『赤毛のアン』の島へ 名作の故郷プリンス・エドワード島紀行』(文春文庫 1990年)
  • 『ダヤンのカントリーダイアリー』(ほるぷ出版 1991年)
  • 『野外探検大図鑑』(小学館 1993年)
  • 『大草原の小さな暮らし』(講談社 1993年)
  • 十五少年漂流記の島 ニュージーランド紀行』(求竜堂 1994年)
  • 『人はなぜ旅をするのだろうか 逆・奥の細道―北へ』(求竜堂 1994年)
  • 『はるかなる大地の道 150年目のオレゴントレイル』(求竜堂 1994年)
  • 『木のいのち木のこころ 人』(草思社 1994年 のち新潮OH!文庫)
  • 『藤の木山砦の三銃士』(小学館 1995年)
  • 『千年ブナの記憶』(テレコムスタッフ 1995年)
  • 『手業に学べ 天の巻・地の巻』(小学館 1996年)
  • 『ペーパーノーチラス』(文藝春秋 1997年)
  • 『天から石が』(集英社 1998年)
  • 『たぬきの掌』(小学館 1998年)
  • 『ヒーローじゃなくったって』(学習研究社 1998年)
  • 『たぬきのデイパック』(清流出版 1998年)
  • 『夕陽丘分校の七人』(夕陽丘分校シリーズ1)(フレーベル館 1999年)
  • 『大黒柱に刻まれた家族の百年』全3巻(草思社 1999年-2000年)
  • 『手業に学べ 月の巻・風の巻』(小学館 2000年)
  • 『中国の手業師』(新潮OH!文庫 2000年)
  • 『角館に生きる 新・町勢要覧』(角館町 2001年)
  • 『失われた手仕事の思想』(草思社 2001年 のち中公文庫)
  • 『にっぽんの漁師 聞き書き』(新潮社 2001年 のちちくま文庫)
  • 『ミュージカル部部員募集』(夕陽丘分校シリーズ2)(フレーベル館 2001年)
  • 『イギリス職人ばなし』(晶文社 2001年)
  • 『なつペンギン』(ひかりのくに 2001年)
  • 『なつのいけ』(ひかりのくに 2002年)
  • 『自由研究大作戦』(夕陽丘分校シリーズ3)(フレーベル館 2002年)
  • 『ひびけ!さよなら行進曲』(夕陽丘分校シリーズ4)(フレーベル館 2003年)
  • 『芝棟の家』(ポプラ社 2003年)
  • 『木の教え』(草思社 2004年 のちちくま文庫)
  • 『1000000ぼんのブナの木』(ひかりのくに 2005年)
  • 『最後の職人伝(手業に学べ 人の巻)』(平凡社 2007年)
  • 鵤工舎の仕事 長泉寺建立記』(文藝春秋 2008年)
  • 『ふたつの川 伝・炭焼き常次郎』(無明舎出版 2008年)
  • 『ネジと人工衛星 世界一の工場町を歩く』文春新書 2012
  • 『登頂竹内洋岳』筑摩書房 2013
  • 『もやし屋 秋田今野商店の100年』無明舎出版 2013
  • 『かぐやのかご』はまのゆか絵 佼成出版社 こころのつばさシリーズ 2014

共著/聞書き[編集]

  • 『だれでもできる天体観測』(藤井旭 ポプラ社(天文ブックス) 1984年7月)
  • 『すい星のふしぎ』(藤井旭 ポプラ社(天文ブックス) 1985年11月)
  • 『やさしい星座のみつけ方』(藤井旭 ポプラ社(天文ブックス) 1985年5月)
  • 『わく星たんけん』(藤井旭 ポプラ社(天文ブックス) 1986年4月)
  • ピーター・パンと妖精の国』(井村君江 求竜堂 1990年11月)
  • ピーターラビットからの手紙』(吉田新一 求龍堂 1990年4月)
  • 『木のいのち木のこころ 天/地』(西岡常一小川三夫(聞書き)草思社 1993年 のち新潮OH!文庫、新潮文庫)
  • 『桜のいのち庭のこころ』(佐野藤右衛門(聞書き)草思社 1998年)のちちくま文庫 
  • 『さとうきび畑の風に乗って』(BEGIN(聞書き)草思社 1998年)
  • 『宇治茶いい味いい香り』(竹村嘉平(聞書き)草思社 1999年)
  • 『ダヤンのカントリーダイアリー』(池田あきこ共著 中公文庫 2001年)
  • 『啖呵こそ、わが稼業』(會津家本家六代目・坂田春夫 新潮社 2003年12月)
  • 『めざすは飛鳥の千年瓦』(山本清一 草思社 2006年4月)
  • 『屋久島の山守千年の仕事』(高田久夫 草思社 2007年5月)
  • 『棟梁 技を伝え、人を育てる』(小川三夫 文藝春秋 2008年)のち文庫 
  • 『いなほ保育園の十二ケ月』(北原和子 岩波書店 2009年4月)
  • 『木を変える』(石井幸男 アートオフィスプリズム 2009年6月)
  • 『初代竹内洋岳に聞く』(アートオフィスプリズム 2010年)のちちくま文庫
  • 『宮大工と歩く奈良の古寺』(小川三夫 2010年 文春新書)
  • 『昭和という時代を生きて』氏家齊一郎 聞き書き 岩波書店 2012
  • 『百年の梅仕事』乗松祥子 聞き書き 筑摩書房 2013

再話[編集]

  • スプーンおばさん (プリョイセン 学習研究社 1983年4月)
  • ピーターラビットの野帳 (ビアトリクス・ポター 福音館書店 1999年11月)
  • やさしいスプーンおばさん (プリョイセン 学習研究社 1999年12月)
  • ゆかいなスプーンおばさん (プリョイセン 学習研究社 1999年12月)
  • がんばるスプーンおばさん (プリョイセン 学習研究社 1999年12月)