森はな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 はな(もり はな、1909年(明治42年)4月16日 - 1989年(平成元年)6月14日)は日本児童文学作家教育者

経歴・人物[編集]

兵庫県養父郡大蔵村(現・朝来市和田山町宮田で、酒類販売業を営む父の次女として生まれる。1924年に大蔵小学校の高等科から兵庫県明石女子師範学校(神戸大学発達科学部の前身[1])に進み1928年に卒業した後、養父郡南谷小学校の教員となった。その後、養父小学校に転任となったが、この頃に兄の友人であり後に結婚する森種樹との文通が始まり、1932年に結婚した[2][3][4]

1936年に夫婦共に高砂市荒井小学校へ転任となり、森種樹の実家である加古川に移ったが、実家とは不仲で勤務先近くに転居した。1951年に兵庫県から退職勧告を受けたがこの時は退職せず、降格されて高砂市伊保小学校に移動となった。この時期に学校劇に取り組み、「お祭りに来た兄弟」(1952年)がNHK主催の第1回近畿学校劇コンクールで最優秀賞を受賞し、翌年も「峠のお祭り」(1953年)で最優秀賞を受賞した。1960年に51歳で再び退職勧告を受け教員を退職した[5]

退職した年に「神戸児童文学『あす』の会」に入り、会の同人誌である「あす」に作品を発表し始めた。そして日本児童文学者協会の会員となった[6]

1973年に64歳で初めての出版作品で代表作となる「じろはったん」を出し、1974年には第7回日本児童文学者協会新人賞受賞した。「遅咲きの新人」と評価されたが、翌年の1975年に長年連れ添った夫をガンにより亡くした[7]

1977年に加古川市の自宅で児童文学の会「森はな学校」を発足。灰谷健次郎あまんきみこや地域の文学愛好家が参加した[8]

1982年に絵本「こんこんさまにさしあげそうろう」で第5回絵本にっぽん大賞受賞。1984年に第1回加古川文化賞を受賞した[9]

1985年に文学活動を支えてくれていた長男の秀樹を日本航空123便墜落事故で亡くしたが、悲しみから立ち直り創作を続け1987年に第41回神戸新聞平和賞を受賞した[10]

1989年に「赤いマントのおばあちゃん」の制作途中に亡くなった[11]

出身校の大蔵小学校では、毎年秋に行われる「市学校音楽祭」で、作品を音楽物語にして公演されている[12]

日本ミュージカル研究会・劇団JMAが、主宰者でミュージカル作家の高井良純による脚色・作曲・演出でミュージカル「じろはったん」を公演している[13]

2012年、朝来市にある和田山中央文化公園に「森はなさんの生涯をNHK朝の連続テレビ小説に」と書かれた高さ4mの立て看板が設置された。看板に描かれているはなの似顔絵は同市職員の手によるもの。なお、テレビドラマ化については、市民団体「森はなの伝記を『NHK朝ドラへ』の会」などが推進しており[14][15]、署名活動も行われ、3万人を超える署名が集まっている[16]

作品[編集]

  • じろはったん
  • ハナ先生ものがたり
  • わたしトシエです
  • ひいちゃんとタチアオイの花
  • もどってくるもどってこん
  • おばあさんは落語屋さん
  • めんどりコッコ
  • こんこんさまにさしあげそうろう
  • キツネの花よめいしょう
  • おさよつばき
  • 一二(ほい)とうげ
  • わたしはめんどりコッコです
  • お葉つきいちょう
  • こはる先生だいすき
  • キツネとしゅんぺいじいさん
  • 土の笛

脚注[編集]

  1. ^ 神戸大学トップページ / 神戸大学案内 / 沿革概説 / 発達科学部の前身”. 神戸大学 (2011年1月24日). 2011年12月1日閲覧。
  2. ^ 長嶺麻子 (2008年1月26日). “神戸新聞 読者クラブ:原風景―朝来市和田山町 - 「ふるさと」の語り部 森はな”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。
  3. ^ 長嶺麻子 (2008年2月2日). “神戸新聞 読者クラブ:女子師範入学―明石市 - 「ふるさと」の語り部 森はな”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。
  4. ^ 長嶺麻子 (2008年2月9日). “神戸新聞 読者クラブ:夫との恋文―但馬 - 「ふるさと」の語り部 森はな”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。
  5. ^ 長嶺麻子 (2008年2月16日). “神戸新聞 読者クラブ:32年の教員生活―加古川・高砂 - 「ふるさと」の語り部 森はな”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。
  6. ^ 兵庫県文学読本 p.162
  7. ^ 長嶺麻子 (2008年2月23日). “神戸新聞 読者クラブ:心は再び故郷へ―但馬 - 「ふるさと」の語り部 森はな”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。
  8. ^ 長嶺麻子 (2008年3月1日). “神戸新聞 読者クラブ:「じろはったん」翻訳 - 「ふるさと」の語り部 森はな”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。
  9. ^ 兵庫県文学読本 p.162
  10. ^ 長嶺麻子 (2008年3月8日). “神戸新聞 読者クラブ:播磨に響く但馬の物語 - 「ふるさと」の語り部 森はな”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。
  11. ^ 長嶺麻子 (2008年3月15日). “神戸新聞 読者クラブ:時代超え伝わる精神 - 「ふるさと」の語り部 森はな”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。
  12. ^ 長嶺麻子 (2008年3月8日). “神戸新聞 読者クラブ:播磨に響く但馬の物語 - 「ふるさと」の語り部 森はな”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。
  13. ^ ミュージカル「じろはったん」”. 日本ミュージカル研究会・劇団JMA. 2011年12月1日閲覧。
  14. ^ 森はな:児童文学者の生涯、TVドラマ化求め看板--朝来市 /兵庫 - ウェイバックマシン(2012年3月1日アーカイブ分)
  15. ^ 『森はなの生涯を朝ドラへ』 の活動を応援しています。 - 朝来市 (PDF)
  16. ^ 作家故森はなさんを朝ドラへ 署名の輪3万人超(神戸新聞、2011年4月15日)”. 日本ミュージカル研究会・劇団JMA (2011年5月22日). 2017年6月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『兵庫県文学読本』 兵庫県高等学校教育研究会国語部会、第一学習社、1993年3月、初版。ISBN 4804073515
  • 神戸新聞社”. 神戸新聞. 2011年12月1日閲覧。