高橋邦典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 邦典(たかはし くにのり、1966年2月9日[1][2] - )は、日本写真家宮城県仙台市生まれ[2]千葉大学工学部中退[2]。ボストン・ヘラルド誌、シカゴ・トリビューン誌に勤務後、2009年からフリーランスに。主にソマリアや南アフリカなどの紛争地を取材をしている。

主な受賞歴[編集]

  • 1996年 - フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー
  • 2003年 - ピクチャー・オブ・ザ・イヤー
  • 2003年 - ナショナル・ヘッドライナー・アワード 最優秀写真賞
  • 2004年 - 第9回日本絵本賞大賞
  • 2008年 - DAYS国際フォトジャーナリズム大賞 3位
  • 2010年 - DaysJapan国際フォトジャーナリズム大賞 審査員特別賞

著書一覧[編集]

写真集、他[編集]

  • ぼくの見た戦争 2003年イラク(ポプラ社、2003)
  • 世界中の息子たちへ(詩:堤江実、ポプラ社、2004)
  • 戦争が終わっても ぼくの出会ったリベリアの子どもたち(ポプラ社、2005)
  • フレームズ・オブ・ライフ(長崎出版、2011)
  • 「あの日」のこと 東日本大震災 2011・3・11(ポプラ社、2011)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.287
  2. ^ a b c 高橋邦典公式より(2011年10月21日閲覧)