松本猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松本 猛(まつもと たけし、1951年4月18日 - )は、日本随筆家

人物・来歴[編集]

松本善明(弁護士、元・衆議院議員)、いわさきちひろ(絵本画家)夫妻の長男として東京都に生まれる。乳児期は、安曇野の祖父母のもとに預けられた。当時ちひろの乳を飲んでいた三宅裕司は乳兄弟。

1974年3月、東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。同年夏に母を亡くす。翌年、いわさきちひろ記念事業団設立準備委員会を発足させ、母の作品を展示する美術館の開館に向け奔走を始める[1]

1977年9月、世界初の絵本美術館となる「いわさきちひろ絵本美術館」(現、ちひろ美術館・東京)を練馬区下石神井の自宅兼アトリエ跡に開館。同館初代館長には猛が懇請して飯沢匡に引き受けてもらった[1]

1997年4月、いわさきちひろ絵本美術館の開館20周年を記念して、ちひろの両親が戦後に開拓農民として暮らした長野県松川村安曇野ちひろ美術館を開館。館長に就任した。

1998年安曇野アートライン推進協議会副会長、次いで2002年から、長野県信濃美術館館長も併任したほか、長野県文化振興事業団理事も務めた。

2010年4月26日、2006年の長野県知事選で田中康夫を支援した会社経営者らからの出馬要請を踏まえ、同年8月に行われる知事選への出馬を表明[2]。県知事選出馬に伴い、同年5月、長野県信濃美術館・安曇野ちひろ美術館の館長および長野県文化振興事業団理事、安曇野アートライン推進協議会副会長から退任した。同年8月の県知事選挙では共産党も加わる団体の支援も受けて選挙戦に臨むも、落選した[3]

前妻、松本由理子との間に、子供が4人。三女は絵本作家の松本春野

主な著書[編集]

エッセイ集[編集]

小説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「ちひろ美術館副館長の松本猛さん 絵本界に刺激 人きのうきょう」『朝日新聞』夕刊 1992年9月11日
  2. ^ 松本氏「民間の発想で」 知事選出馬を正式表明 『信濃毎日新聞』 2010年4月26日
  3. ^ 知事に阿部氏 大接戦、腰原氏に5000票差 『信濃毎日新聞』2010年8月9日

外部リンク[編集]