鈴木のりたけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 のりたけ(すずき のりたけ、1975年 - )は、日本の絵本作家イラストレーター

来歴[編集]

1975年静岡県浜松市西区生まれ。静岡県立浜松北高等学校を経て、1998年一橋大学社会学部卒業。大学卒業後はJR東海総合職で入社し、研修で東海道新幹線運転士も経験したが、やりたいことではなかったことから2年で退社。グラフィックデザインを学び、8年間半デザイン会社シルフに勤務[1][2][3]。会社員、グラフィックデザイナーを経て、絵本作家に。『ぼくのトイレ』(PHP研究所)で第17回日本絵本賞読者賞、『しごとば 東京スカイツリー』(ブロンズ新社)で第62回小学館児童出版文化賞を受賞[4]

主な著作[編集]

絵本[編集]

「しごとば」シリーズ[編集]

  • 『しごとば』(2009年3月、ブロンズ新社、ISBN 978-4893094612
  • 『続・しごとば』(2010年1月、幻冬舎、ISBN 978-4893094896
  • 『続々・しごとば』(2011年1月、ブロンズ新社、ISBN 978-4893095091
  • 『しごとば 東京スカイツリー』(2012年4月、ブロンズ新社、ISBN 978-893095428)
  • 『もっと・しごとば』(2014年5月、ブロンズ新社、ISBN 978-4893095831

「ゆうぐ」シリーズ[編集]

「ぼくの」シリーズ[編集]

児童書[編集]

  • 『10歳の質問箱 なやみちゃんと55人の大人たち』 編:日本ペンクラブ「子どもの本」委員会(2015年6月、小学館、ISBN 978-4092271814

エッセイ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]