谷川晃一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

谷川 晃一(たにがわ こういち、1938年2月16日 - )は、画家エッセイスト・美術評論家・絵本作家。妻も画家・エッセイストの宮迫千鶴。1988年より伊豆高原在住で、伊豆高原アートフェスティバル運営委員長。

東京都中央区出身。1956年、攻玉社高等学校卒業。20歳で自由美術展入選。1963年、読売アンデパンダン展に出品。1964年「記号の増殖」シリーズで最初の個展(内科画廊/東京)。絵画制作と並行して美術批評など文筆活動も開始。

受賞[編集]

  • 第7回シェル美術賞(1966)
  • マイアミ版画ビエンナーレ優秀賞(1982)
  • 日本絵本賞(2000)

著書[編集]

  • 展翅箱 大門出版美術出版部 1971 (絵次元)
  • 世界の平和をもとめて 小川武 著、谷川晃一 絵 国土社 1971 (社会科学習文庫 ; 17)
  • 草原にて 詩篇: 荒川洋治、版画: 谷川晃一 沖積舎 1974 (ミニチュア叢書)
  • アディナタの街角 : 谷川晃一画集 沖積舎 1977
  • 絵画的理解 : 谷川晃一美術論集 昭和出版 1977
  • アール・ポップの時代 皓星社 1979
  • アール・ポップ 冬樹社 1980
  • 視線はいつもB級センス : 脱意味の美術 1979-1981 現代企画室 1981 (踏分道としての戦後)
  • 谷川晃一掌中画集 未来工房 1981
  • 冗句パノラマ館 : アート鑑賞自由自在 沖積舎 1983
  • スクラップBook-谷川晃一の世界 邯鄲アートサービス 1983
  • 今日の美術とサブカルチャー 国文社 1984
  • 短文楽園 : コラムパラダイス 洋泉社 1985
  • アール・ポップの世界 広松書店 1985 (Inox discover books)
  • 毒曜日のギャラリー リブロポート 1985
  • アジアの市場 : 雪の青森から灼熱のインドまで 洋泉社 1986 (Rainbow books)
  • タイガーバーム・ガーデン 谷川晃一、ねじめ正一 編著、乙咩雅一 写真 新潮社 1987 (新潮文庫)
  • がらくた桃源境 : がらくた・キッチュ・フォークアート 東西南北縦横無尽 勁草書房 1988 (Keiso books ; 3)
  • 谷川晃一の世界展 池田20世紀美術館 1990
  • 戦後風景と美術 : 傷ついた地平線 風媒社 1995
  • 土から空へ : 伊豆高原のアトリエにて 夢譚書房 1996
  • うたがきこえる 光村教育図書 1999
  • ウラパン・オコサ : かずあそび 童心社 1999 (絵本・こどものひろば)
  • パステルと月 : 谷川晃一画文集 日貿出版社 1999
  • へんしーん 偕成社 2000
  • デッサン・ノート : 絵のある生活 日本放送出版協会 2002
  • 青い星 ビリケン出版 2003
  • おんどりボルケ 福音館書店 2003 (福音館創作童話シリーズ)
  • 絵はだれでも描ける 日本放送出版協会 2003 (生活人新書)
  • ベランダの月 : 詩画集 ネット武蔵野 2003
  • お月さまにげた 毎日新聞社 2005
  • ニャンニャンシティマラソン 教育画劇 2008
  • バスがきました 毎日新聞社 2008
  • 草色のギャラリー みすず書房 2010
  • サカサあそびオカのカオ 童心社 2012 (絵本・こどものひろば)
  • 伊豆高原アートフェスティバルの不思議 河合文化教育研究所 2012 (河合ブックレット ; 38)
  • こりゃなんだうた 福音館書店 2013 (日本傑作絵本シリーズ)
  • うそうさぎ 福音館書店 2014 (こどものとも700号記念コレクション20)
  • これっていいね雑貨主義 谷川晃一 著、川田奎也 写真 平凡社 2014 (コロナ・ブックス ; 191)

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ現代人物情報
  • 読売人物データベース