宮迫千鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮迫 千鶴(みやさこ ちづる、1947年10月16日 - 2008年6月19日)は、画家エッセイスト。夫は画家の谷川晃一

来歴・人物[編集]

広島県呉市出身。県立広島女子大学卒業。

1984年エッセイ集『超少女へ』で注目され、上野千鶴子との対談を刊行、絵のほかに多くの女性論などのエッセイを刊行した。オカルトスピリチュアルへの関心が一貫していた。

1996年には婦人之友の表紙絵を担当していた。

2008年6月19日、リンパ腫のため死去した。

発言[編集]

1991年の朝日新聞夕刊に連載していたコラムで、「(女性の結婚相手の条件として)3高というと怒る男性がいる。しかし男性から3高をとったら何が残るのかと、ふと考えてしまう。」と書いた。このようにレスビアンフェミニストの立場から、男性憎悪を煽る発言をしばしばしていた。

著書[編集]

  • イエロー感覚 不純なもの、あるいは都市への欲望 冬樹社 1980.10
  • <女性原理>と「写真」 来たるべき“水瓶座の時代"のために 国文社 1984
  • 超少女へ 北宋社 1984 のち集英社文庫
  • 多型倒錯 つるつる対談 上野千鶴子 創元社, 1985.12
  • ダークサイドの憂鬱 「崩壊家庭」の社会学 三田格共著 時事通信社 1986
  • ママハハ物語 思潮社 1987 のちちくま文庫
  • ハイブリッドな子供たち 河出書房新社 1987 のち文庫
  • 不惑の星座 リクルート出版 1988
  • サボテン家族論 河出書房新社 1989
  • 少女物語 筑摩書房 1990 のち文庫
  • 緑の午後 東京書籍 1991
  • ごはんの風景 筑摩書房 1991
  • もうひとつの生き方 海竜社 1991
  • 「非」常識のすすめ 集英社 1991
  • 母という経験 自立から受容へ少女文学を再読して 平凡社 1991 のち学陽書房女性文庫
  • 本音のコラム 河出書房新社, 1992.5
  • 「いのち」からの贈り物 “運命の環"が導く、スピリチュアルな生き方 大和書版 1994
  • 草と風の癒し 青土社 1996
  • 海と森の言葉 岩波書店 1996
  • かぼちゃの生活 立風書房 1997 のちハルキ文庫
  • 食卓とイーゼルのあいだで NECクリエイティブ 1999
  • 「森のイスキア」で話したこと 佐藤初女対談 創元社 1999
  • 楽園瞑想 神話的時間を生き直す 吉福伸逸 雲母書房 2001
  • 美しい庭のように老いる 私の憧れの老女たち 筑摩書房 2001
  • 月光を浴びながら暮らすこと 毎日新聞社 2002
  • コラージュ・ブック 絵のある生活 日本放送出版協会 2002
  • 月夜のレストラン 詩画集 ネット武蔵野 2003
  • はるかな碧い海 私のスピリチュアル・ライフ 春秋社 2004
  • 田舎の猫とおいしい時間 清流出版 2004
  • 円環する男と女 両性具有の時代へ 加藤清 春秋社 2005
  • 半島暮らし 伊豆高原アートフェスティバルの仲間たち(編)木戸出版 2005
  • 官能論 祝福としてのセックス 春秋社 2006
  • 魂を大切にする生活 ココロとカラダにやさしい、スピリチュアルな12の月 大和出版 2007
  • 魔女の森へ 「小さな楽園」の作り方 海鳥社 2007
  • 楽園の歳月 清流出版 2009
  • 人生の午後を生きる 筑摩書房 2009