佐藤初女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さとう はつめ
佐藤初女
生誕 (1921-10-03) 1921年10月3日
死没 (2016-02-01) 2016年2月1日(94歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 福祉活動家・教育者。

佐藤 初女(さとう はつめ、1921年10月3日 - 2016年2月1日[1])は、日本の福祉活動家、教育者。1992年より青森県岩木山山麓に「森のイスキア」と称する悩みや問題を抱え込んだ人たちを受け入れ、痛みを分かち合う癒しの場を主宰。それ以前は弘前市内で自宅を開放して同様の活動をしており、こちらは「弘前イスキア」と呼ばれていた。素朴な素材の味をそのままに頂く食の見直しにより、からだから心の問題も改善していくことができると訴えた。

「イスキア」とは、イタリア西南部のナポリ湾の西に浮かぶイスキア島の名前から採られたもの。ナポリの富豪の息子で、何不自由ない暮らしをしていた青年が、この島を訪れて、贅沢三昧の生活から、自分を静かに振り返ることを学び、そこの司祭館に滞在したというエピソードから借用されたものである。佐藤自身もカトリックの信者。

青森市生まれ、青森技芸学院(現在の明の星高等学校)を卒業。3年間小学校の教員をし、1944年に勤務校の校長だった佐藤又一と結婚。夫は既に3人の子どもがあり、再婚だった。その後は、教職を退き、弘前市内に在住。ろうけつ染めの指導などをし、1964年より15年間、弘前学院短期大学で非常勤講師として家庭科で教鞭をとる。1979年には、弘前染色工房をオープンさせる。

地域に密着した多年にわたる教育、福祉の活動により、アメリカ国際ソロプチミスト協会賞、ミキ女性大賞、国際ソロプチミスト女性ボランティア賞、弘前市シルバーマンジ賞、第18回東奥賞など受賞。1995年龍村仁監督の『地球交響曲 第二番』に出演。

2016年2月1日、弘前市内の病院において乳癌のため逝去。享年94歳。

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “佐藤初女さんが死去 青森で「森のイスキア」主宰”. 朝日新聞. (2016年2月1日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ216CQRJ21UBNB00G.html?iref=sp_nat_obi_list_n 2016年2月1日閲覧。 

外部リンク[編集]