村上豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村上 豊(むらかみ ゆたか、1936年6月14日‐)は静岡県出身の画家。

人物[編集]

静岡県立三島南高等学校卒業後、デザイン会社、三島市役所職員を経て、1960年に、当時直木賞を受賞した司馬遼太郎週刊サンケイの連載小説「風の武士」で挿絵デビューとなる。以後、多くの小説家の週刊誌・新聞の連載の挿絵や、絵本の原画・書籍の装幀を多く手掛ける。1962年には「小説現代」の創刊号から表紙の挿絵を担当し現在に至っている。

1982年に「かっぱどっくり」他で小学館絵画賞1984年に「はかまだれ」で第7回絵本にっぽん賞1998年に第46回菊池寛賞2007年佐藤さとるの「本朝奇談 天狗童子」で第21回赤い鳥さし絵賞を受賞。

画集[編集]

  • 四季 村上豊画集(1999年7月、講談社)
  • 墨夢 村上豊画集(2004年10月、講談社)
  • 遊 村上豊画集(2013年2月、講談社)

外部リンク[編集]