かいしゃいんのメロディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

かいしゃいんのメロディー』は、大橋ツヨシ作の4コマ漫画

竹書房まんがくらぶ』に連載されていた。現在コミックスは7巻までと残業編の、計8巻がバンブーコミックスより発行されている。

第44回文藝春秋漫画賞受賞作品。

概要[編集]

主な登場人物である、うずら谷や左右が会社で繰り広げるシュール笑いネタとした4コマ漫画。その他にも、家庭での一面や、近所付き合い、学校生活など様々な場面をネタにしている。また、マンガの表紙部分に記載される「会社員とは何か」のような飾り文句も人気の一つ。ネタの中には時事ネタも多い。


主な登場人物[編集]

うずら谷(うずらたに)
このマンガの主人公。スキンヘッド。大のプロレスファン。
感情が殆ど顔に出ず、ひょうひょうと受け答えをしているが、大量の汗をかいたり無茶苦茶な言い訳に走るなど体を使っての表現は豊か。今年の目標に「肝油は1日3粒まで」「セクシー」をかかげたり、会社に新しい機器が入ってくると、シールを張りまくる「儀式」をするなど、不条理な行動が目立つ。
左右(さゆう)
うずら谷の同僚。うずら谷同様、プロレスファン。うずら谷と違い、顔の表情は豊か。ネコ(後述)と同居。
ボケることが多いが、それ以上にうずら谷がボケるためツッコミにまわることも多々ある。うずら谷と一緒にサボって映画マディソン郡の橋(作中では)を見に行ったり喫茶店で暇つぶしをしたりしている。
夏に冷たいものでよくお腹をこわす。雨男
ちなみに「左右」という苗字は実在する
泉谷課長(いずみやかちょう)
うずら谷、左右の上司。この職場にはめずらしい既婚者。高校生の息子がいる。
常識人間であるため、いつもうずら谷等のあつかいに苦戦するが、時には大胆なノリツッコミを見せる事もしばしばある。また、酔うとうずら谷などと同じくらい不条理な言動をする。自身が新入社員だった当時の直属の上司(課長)が、うずら谷と(そのビジュアルも含めて)非常に似たキャラクターであったせいか、うずら谷に対して、ある種の苦手意識を持っているらしい。
半場(はんば)
うずら谷、左右の同僚。うずら谷、左右からは「はんばーぐ」と呼ばれている。
大きな体型、そのせいか目が開いていることはない。体脂肪率は高いらしく、具体的な数値は不明ながら、「降水確率は半場の体脂肪率と同じぐらい」と聞くと、迷うことなく傘を持ちたくなるくらいらしい。
苦島(にがしま)
部下の中では唯一のまとも人間で、基本的にはツッコミ役。うずら谷のボケもよく笑って受け止める、ある種の理解者。
野球観戦好きだが、登場人物中で野球好きは自分だけなので、肩身の狭い思いをしている。
ネコ
左右の飼っている猫。人語を解するらしい。
名前を「ネコ」にしないと自分が猫であることを忘れる、という理由で名付けられた。左右と同じ形のメガネをかけている。猫舌(でも熱いものを食べるスピードは速い)。
かつらのおじさん
うずら谷が何度か遭遇。
何故かはげのかつらをかぶっている。社会的なことを言ったり、無茶苦茶なことを言ったり、うずら谷がツッコミに回る唯一の人物(かつらのことで)。
女子社員(じょししゃいん)
コミックスの最初の方に登場。うずら谷達の職場にいたが名前も出ず。職場は課長を含め5人になっていたのでいつの間にか消えた模様。
警官
交番勤務の警察官。
サボって交番へ遊びに来るうずら谷・左右に突っ込みを入れたりフォローしたりかきまわされたりしている。
上司がいたが度重なるイタズラにより実際の事件がホントかどうかも解らなくなる程疲弊し酒井法子(のりピー)のタレントショップで万引きをして逮捕されている。
うめ子(うめこ)
おーえるのメロディーの主人公。
位置的にはうずら谷と同じポジションだが、ボケ方がかなり攻撃的。
どちらかと言えば批判的なボケ方をする。
たけみ
うめ子の後輩
小箱に英字新聞を貼り付けておしゃれに作り直したり、
風邪気味のまつねにホットジンジャーを差し出したりと
(直後にうめ子からポークジンジャーを要求される)
主な登場人物の中では最も「OL」らしい性格を持つ。
まつね
うめ子のツッコミ役。
こちらもやや攻撃的なツッコミをする。

[編集]

会社員のメロディーには「あきれす軒(中華料理屋)」「カレー専門これでもくらえ」といった個性豊かな店名が出てくる。

残業編[編集]

残業編には過去の作品も多数掲載されている。

  • かいしゃいんのメロディー夏・秋・冬・春編
  • かいしゃいんのメロディー課長入門
  • おーえるのメロディー
  • げんしじんのメロディー
  • ぶしどー
  • ばらあど町
  • ギブアッぱーズ
  • GW満喫大作戦