工藤恒美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

工藤 恒美(くどう つねみ、1933年11月17日[1] - )は日本の漫画家イラストレーター日本漫画家協会会員。北海道札幌市出身。女性名に多い名前であるが男性である。

来歴・人物[編集]

北海道札幌東高等学校卒業。北海道大学で文部事務官を勤め、その間、おおば比呂司と出会い展覧会などの仕事に携わるようになる。また、札幌市の広報誌に4コマ漫画などを発表。その後、文部事務官を辞し1962年に上京。新聞の4コマ漫画を中心に執筆活動を行い、1981年『ツッパラサール学園』にて第27回文藝春秋漫画賞を受賞した。

作品リスト[編集]

  • ゴキゲンくん(1960年代に全国の地方紙にて連載)
  • ゴキゲン一家(1960年代に全国の地方紙にて連載)
  • のんびりクン(1970年代に全国の地方紙にて連載)
  • ツッパラサール学園
  • ユックリくん(1980年代に全国の地方紙にて連載)
  • ヘルシー家族(1990年代に全国の地方紙にて連載)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.478