石鎚国定公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

石鎚国定公園(いしづちこくていこうえん)は、愛媛県石鎚山(1,982m)とその近辺の山嶺を占める国定公園である。1955年11月1日指定。総面積10,683ha[1]

概要[編集]

  • 指定区域のほとんどを愛媛県が占めるが、一部高知県も含まれる。石鎚山を始め、瓶ヶ森伊予富士二ノ森などが含まれる。石鎚山の西麓には面河渓があり、この渓谷も同国定公園に含まれる。
  • シラベなどの自然林・イブキササなどの広大な笹原・広葉樹林などがある[2]
  • 2015年11月1日にシンポジウムが行われ、指定60周年を記念に過去を振り返しつつ自然を伝える日として「えひめ石鎚の日」を制定[3]。キャッチフレーズとして「縁(えにし)わく石鎚」とシンボルマークを発表した[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 愛媛新聞オンライン(2015年1月1日)
  2. ^ 愛媛県庁ホームページ(自然公園)
  3. ^ NPO法人石鎚森の学校(報告・石鎚国定公園制定60周年記念シンポジウム)
  4. ^ 西条市ホームページ(観光物産課)