様似町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さまにちょう
様似町
Samani Town and Mount Apoi.jpg
様似町市街地とアポイ岳(中央のピーク)
Flag of Samani, Hokkaido.svg
様似町旗
Symbol of Samani, Hokkaido.svg
様似町章
町旗・町章、共に1918年大正7年)5月1日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 日高振興局
様似郡
団体コード 01608-0
法人番号 3000020016080
面積 364.30 km²
総人口 4,507
住民基本台帳人口、2017年3月31日)
人口密度 12.4人/km²
隣接自治体 浦河郡浦河町幌泉郡えりも町
広尾郡広尾町
町の木 日高五葉
町の花 ヒダカソウ
他のシンボル -
様似町役場
町長 坂下一幸
所在地 058-0014
北海道様似郡様似町大通1丁目21番地
北緯42度7分40.2秒東経142度56分1.2秒
Samani town office.jpg
外部リンク 様似町

日本地域区画地図補助 01570.svg

様似町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

様似町(さまにちょう)は、北海道日高振興局管内にあるである。様似郡に属する。

町名のサマニはアイヌ語起源で、語源は「サマムニ」または「サムンニ」(倒れ木)、エサマンペッ(カワウソの川)など諸説ある。

全域がアポイ岳ジオパークとして国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに認定されている。

地理[編集]

北海道南部、日高山脈の南部に位置する。町の南部では山脈が太平洋に迫り、特に冬島幌満間の日高耶馬渓(ひだかやばけい)は奇勝・険路で知られ、江戸時代にシャマニ山道が開削されている。

隣接している自治体[編集]

沿革[編集]

江戸時代1600年ごろ)に砂金採取のために和人が多数移り住むようになった。

  • 1802年享和2年) 蝦夷奉公の管下となる(これが様似町の開基)
  • 1880年明治13年) 戸長役場が設置される。
  • 1906年(明治39年) 様似郡様似村、鵜苫村、冬島村(ふゆしま)、幌満村(ほろまん)、岡田村、二七村(になな)、誓内村(ちかない)、平鵜村(ひらう)が合併、二級町村制、様似郡様似村
  • 1941年昭和16年) 当時の村内の地名が以下のように再編される。
    • (大字)様似村 → 東様似、西様似に分割
    • 二七 → 田代に改称
    • 岡田、二七の各一部から新富が成立
    • 誓内 → 旭、大泉に分割
    • 平鵜 → 平宇に改称
  • 1952年(昭和27年) 町制施行、様似町
  • 1961年(昭和36年) 東様似が、西町、潮見台、港町、本町、会所町、栄町、大通、錦町、緑町、朝日丘の各町に再編
  • 2002年平成14年)8月26日 - 9月3日 第4回国際レルゾライト会議が開催される。日本国内では初開催
  • 2008年12月8日 - 日本ジオパークとしてアポイ岳ジオパークが認定される[1]
  • 2013年4月13日 - アポイ岳ジオパークビジターセンターが開館[2]
  • 2015年9月19日 - アポイ岳ジオパークが世界ジオパークとして認定される[3]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

姉妹都市

経済[編集]

基幹産業は漁業で、昆布などが獲れる。 この他に稲作、酪農、馬産などもおこなわれる。

立地企業[編集]

  • 東邦オリビン工業株式会社 日高事業所
  • 新日本電工株式会社 日高工場
    • 幌満川第二発電所

農協・漁協[編集]

様似漁港
  • ひだか東農業協同組合(JAひだか東)様似事業所
  • 日高中央漁業協同組合様似支所
  • えりも漁業協同組合冬島支所

郵便局[編集]

  • 様似郵便局(集配局)
  • 幌満郵便局

宅配便[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography01608.svg
様似町と全国の年齢別人口分布(2005年) 様似町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 様似町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
様似町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 8,834人
1975年 8,293人
1980年 7,986人
1985年 7,745人
1990年 7,159人
1995年 6,686人
2000年 6,210人
2005年 5,711人
2010年 5,114人
2015年 4,518人
総務省統計局 国勢調査より

消滅集落[編集]

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[4]

  • 様似町 - 字大泉

教育[編集]

  • 中学校
    • 様似町立様似中学校
  • 小学校
    • 様似町立様似小学校

交通[編集]

様似駅

鉄道[編集]

バス[編集]

タクシー[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

塩釜ローソク岩と塩釜トンネル

文化財[編集]

重要文化財(美術工芸品)[編集]

  • 蝦夷三官寺等澍院関係資料(「澍」はさんずいに樹の旁) - 様似郷土館保管

重要無形民俗文化財[編集]

  • アイヌ古式舞踊 - 様似民族文化保存会

天然記念物[編集]

  • アポイ岳高山植物群落 - 特別天然記念物
  • 幌満ゴヨウマツ自生地

町指定文化財[編集]

  • 等澍院護摩堂
  • 和助地蔵尊
  • 弁財天像 - 等澍院蔵
  • 薬師如来三尊仏像 - 等澍院蔵
  • 聖観世音菩薩像 - 等澍院蔵
  • 南無仏太子像 - 智教寺蔵
  • 等澍院古文書 - 等澍院蔵
  • 様似山道

観光[編集]

その他[編集]

出身・ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本ジオパーク委員会. “活動履歴” (日本語). 2017年9月14日閲覧。
  2. ^ “アポイ岳、学ぶ入り口 北海道・ジオパークセンター”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年4月14日). オリジナル2013年4月14日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0414-1014-34/www.asahi.com/area/hokkaido/articles/HOK201304130004.html 2017年9月14日閲覧。 
  3. ^ 日本経済新聞. “世界ジオパークに北海道アポイ岳認定 伊豆半島は先送り” (日本語). 2017年9月14日閲覧。
  4. ^ [|総務省統計局統計調査部国勢統計課] (2017-01-27) (CSV). 平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級),男女別人口,総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》 (Report). 総務省. http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_csvDownload_&fileId=000007841019&releaseCount=1 2017年5月20日閲覧。. ※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]