岡野知十

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡野 知十(おかの ちじゅう、安政7年2月19日1860年3月11日) - 昭和7年(1932年8月13日)は、俳人。本名は、岡野 敬胤。通称は正之助、別号は正味。旧姓は木川。

北海道日高様似(現在の様似郡様似町)に生まれる。

『半面』を創刊し、「新々派」俳風を鼓吹、正岡子規の「日本派」や角田竹冷の秋声会に対した。

俳書の収集に努めた。集めた俳書は、関東大震災後に東京帝国大学の図書館に寄贈され、「知十文庫」として収められている。

子に仏文学者の岡野馨がいる。

編著書[編集]

  • 可愛良集 初篇 / 岡野敬胤 1883.5
  • 雨華抱一 / 岡野敬胤 裳華房 1900.5 (文芸叢書)
  • 晋其角 / 岡野知十(敬胤) 裳華房 1900.5 (文芸叢書第1編)
  • 俳諧風聞記 白鳩社 1902.12
  • 俳趣と画趣 自然社 1905.9
  • 玉菊とその三味線 小田原書房 1920
  • 鶏旭 第1-2集 小田原書房 1921
  • 湯島法楽 郊外社 1924
  • 蕪村その他 俳諧一家言 郊外社 1924
  • 鶯日 乾、坤 知十句集 岡野馨 1933
  • 味余 岡野馨 1934

参考文献[編集]