日高信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日高信用金庫
The Hidaka Shinkin Bank
Hidaka Shinkin Bank.jpg
本店(2010年8月)
種類 信用金庫
略称 ひだかしんきん
本店所在地 日本の旗 日本
057-0013
北海道浦河郡浦河町大通2丁目31-2
設立 1921年大正10年)4月13日
業種 金融業
法人番号 9430005009373 ウィキデータを編集
金融機関コード 1011
事業内容 協同組織金融機関
代表者 大沼孝司(理事長
資本金 344百万円
純利益 136百万円(2011年3月31日)
総資産 114,130百万円(2011年3月31日)
従業員数 131名(常勤役員7名、職員124名)
支店舗数 8店(2010年8月9日現在)
決算期 3月31日
外部リンク 日高信用金庫
テンプレートを表示

日高信用金庫(ひだかしんようきんこ、英語The Hidaka Shinkin Bank)は、北海道浦河郡浦河町に本店を置く信用金庫である。

概要[編集]

当金庫は浦河町に本店を置き、日高管内(全域)、十勝管内南部(広尾町・大樹町)、胆振管内東部(苫小牧市・厚真町・むかわ町)、石狩管内の一部を営業エリアとする。

当金庫の店舗数は8店舗。預金量は1千億円を超えている。

店舗は浦河町新ひだか町様似町を中心として、えりも町広尾町札幌市にも支店を置いている。

その名称から日高町にも店舗があると思われがちだが、日高町(旧日高町域)は人口が少なく、浦河町からも遠い為、経済的結びつきは苫小牧市との方が強い。(日高町には苫小牧信用金庫の店舗があり、同町の指定金融機関にもなっている。) そのため、当金庫は日高町に進出しておらず、同町の旧門別町域にも進出する計画はない。

当金庫は、浦河町・様似町・えりも町で指定金融機関になっている。

健全経営の指標とされる自己資本比率は37.95%(2011年3月31日現在)と非常に高い。

沿革[編集]

  • 1921年(大正10年)4月13日 - 浦河信用組合として設立。
  • 1952年昭和27年)- 信用金庫に転換、日高信用金庫に改組。
  • 2006年平成18年)- 様似支店の融資等の業務を同町内の大通支店に移管(様似支店の取扱は預金業務のみとなる)。
  • 2007年(平成19年)
  • 2010年(平成22年)8月6日 - 新ひだか町の山手支店を静内支店へ、様似町の大通支店を様似支店へそれぞれ統合、廃止(様似支店は現在の大通支店へ移転)。
  • 2011年(平成23年)4月13日 - 創立90周年を迎える。

宝くじ販売及びtotoの払戻[編集]

全店において全国自治宝くじの販売を行っている。

スポーツ振興くじ(toto)当選券の払戻は以下の店舗のみで取扱している。

  • 本店
  • 静内支店

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]