祖母傾国定公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
祖母傾国定公園
Mt.Sobo.jpg
祖母山
地域 大分県宮崎県
面積 22,000ha
創立日 1965年3月25日
運営組織 大分県、宮崎県

祖母傾国定公園(そぼかたむきこくていこうえん)は九州東部、大分県宮崎県の県境にまたがる山岳地帯、河川流域を包囲した国定公園。九州本土最高標高の構造山。1965年3月25日指定。

面積[編集]

  • 22,000ha

概要[編集]

名の由来は県境に位置する祖母山(標高1,756m)と傾山(標高1,602m)からであり、他に大崩山(おおくえやま、標高1,643m)などを含む。また、祖母山の南麓を流れる岩戸川高千穂峡や、祖母傾山系の北麓を流れる桑原川上流の藤河内渓谷(ふじがわちけいこく)といった景勝地があり、祖母山と並ぶハイライトとなっている。観光開発があまり進んでいないため、モミツガなどの原生林がそのまま残っており、野生動物の宝庫としても知られる。

高千穂日向神話にまつわる伝承や伝統芸能である高千穂夜神楽など見所も多く、宮崎県北部随一の観光地でもある。

大分県側及び宮崎県側の周辺部はそれぞれの県で祖母傾県立自然公園に指定されている。

主な景勝地[編集]

温泉[編集]

動物[編集]

植物[編集]

  • 祖母山腹原生林
  • ツガ林(大崩山)
  • ウバタケギボウシュ(祖母山)

外部リンク[編集]