日之影温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日之影温泉駅
駅舎
駅舎
ひのかげおんせん - HINOKAGE-ONSEN
吾味 (4.7[1]km)
(2.8[1]km) 影待
所在地 宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折3235-5
所属事業者 高千穂鉄道
所属路線 高千穂線
キロ程 37.6[1]km(延岡起点)
電報略号 ヒケ
駅構造 地上駅
ホーム 島式1面2線[2]
乗車人員
-統計年度-
183人/日(降車客含まず)
-2003年度-
開業年月日 1939年(昭和14年)10月11日
廃止年月日 2008年(平成20年)12月28日
備考 駅舎2階には、日之影温泉および足湯がある[2]
テンプレートを表示

日之影温泉駅(ひのかげおんせんえき)は、宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折にあった高千穂鉄道高千穂線である。2005年台風14号被害により運転を休止し、2008年12月28日廃止された。現在は、第三セクターの運営する温泉施設として営業している。

かつてのプラットホームには、高千穂鉄道から譲渡された車両(2両)が置かれ、改修の上で2010年に宿泊施設「TR列車の宿」としてオープンした。部屋名には町内に存在した駅名が採用されている[3]

歴史[編集]

温泉施設としての日之影温泉駅は1994年5月に着工し、1995年1月12日に開業した。面積1,027平方メートル、総工費3億9,400万円であった[4]

鉄道駅概要[編集]

鉄道駅としての日之影温泉駅は1939年に日ノ影線の終着駅として開業。1972年に高千穂まで延伸され、1989年に高千穂鉄道へ転換されたが、2005年の台風被害により休止され、2008年に廃止された。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線で列車交換が可能となっていた[2]

利用状況[編集]

1日平均乗車人員は183人であった(2003年度)

隣の駅[編集]

高千穂鉄道
高千穂線
吾味駅 - 日之影温泉駅 - 影待駅

温泉概要[編集]

Hot springs 001.svg日之影温泉駅
Hinokage Onsen Train 01.JPG
TR列車の宿
温泉情報
所在地 宮崎県西臼杵郡日之影町大字七折3235-5
交通 バス延岡駅より高千穂バスセンター行き乗車で約55分
車:延岡市より国道218号経由で約50分
泉質 アルカリ性単純泉
泉温(摂氏 38 ℃
液性の分類 アルカリ性
外部リンク 日之影温泉駅
テンプレートを表示

温泉データ[編集]

  • 泉質:アルカリ性単純泉
  • 泉温:38℃
  • 液性:アルカリ性
  • 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
  • 温泉施設:露天風呂サウナ、癒しの足湯

施設[編集]

  • 休業日:毎月第4月曜日
  • 館内施設:休憩室、レストラン、TR鉄道資料室、物産販売コーナーなど
  • 宿泊施設:あり(TR列車の宿)[3]
  • 駐車場:50台

アクセス[編集]

周辺[編集]

駅は五ヶ瀬川沿いにあり、周辺は日之影町役場が所在する日之影町における中心地である。高台を国道218号(青雲橋)が通る。駅前の道路(県道北方高千穂線)は旧国道218号であり、宮崎交通のバス路線が駅前に停留所を設けている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 日本鉄道旅行地図帳 12号 九州沖縄』p.61
  2. ^ a b c d e 鈴木文彦「ローカル線の実態と問題を現地に見る61 高千穂鉄道」、『鉄道ジャーナル』第31巻第3号、鉄道ジャーナル社1997年3月、 76-83頁。
  3. ^ a b c “外観ほぼ当時のまま/TR車両、宿で再出発/日之影温泉駅にオープン”. 宮崎日日新聞(朝刊) (宮崎日日新聞社): p. 26. (2010年4月23日) 
  4. ^ 『宮崎日日新聞』1995年1月13日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]