大和青垣国定公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大和青垣国定公園(やまとあおがきこくていこうえん)は、奈良盆地の東部に発達する丘陵地帯を中心とした国定公園1970年12月28日に、愛知高原国定公園揖斐関ヶ原養老国定公園室生赤目青山国定公園と同時に指定。

古くから「山辺の道」と呼ばれてきた街道と「柳生街道」を結ぶ。この一帯は古くから青垣山と呼ばれていたことから大和青垣の名を冠する。一帯には大神神社石上神宮長谷寺長岳寺白毫寺など錚々たる名刹、古刹、古墳が多く、純粋な自然景観を目的とした自然公園というより、文化的景観を加味した上での公園指定といえ、他の国定公園とは一線を画すものである。

一帯の著名な文化財[編集]

  • 大神神社(おおみわじんじゃ)
  • 石上神宮(いそのかみじんぐう)
  • 長谷寺(はせでら)
  • 白毫寺(びゃくごうじ)
  • 長岳寺(ちょうがくじ)
  • 圓照寺(えんしょうじ)
  • 円成寺(えんじょうじ)
  • 弘仁寺(こうにんじ)
  • 景行天皇陵
  • 崇神天皇陵


外部リンク[編集]