九州中央山地国定公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
九州中央山地国定公園
Momiki Ayatori Suspension Bridge Gokanosho.JPG
樅木吊橋(五家荘)
地域 熊本県宮崎県
面積 27,096ha
創立日 1982年5月15日
運営組織 熊本県、宮崎県

九州中央山地国定公園(きゅうしゅうちゅうおうさんちこくていこうえん)は、熊本県宮崎県にまたがる九州脊梁部の森林山岳と渓谷を主とする国定公園。指定は他の国定公園と比較すると新しく、1982年5月15日である。

面積[編集]

  • 27,096ha

概要[編集]

公園名のごとく、九州の中央部に分布する。降水量が非常に多いため、には森林が発達しており、常緑樹落葉樹が垂直に分布する。また綾北川綾南川上流域には河谷が発達しており、さながら深山幽谷の世界を呈する。指定区域に含まれる著名な山に国見岳市房山などがある。また、周辺には椎葉五木五家荘米良荘など古くから平家の落ち武者が隠棲したといわれる隠れ里がある。この隠田集落は、「五木の子守唄」や椎葉の「ひえつき節」など数々の民謡や伝承、説話が伝わり、民俗学の宝庫として知られ、観光客を多く集める要因となっている。また、には国内最大級の照葉樹林帯があることで知られる。

景観・地形地質[編集]

  • 深山幽谷地帯(国見岳、市房山)
  • 四万十塁層

動 物[編集]

植 物[編集]

主な指定地域[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]