大正駅 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大正駅
Taishost 01.jpg
大正駅跡(2007年10月)
たいしょう
Taishō
愛国 (5.7km)
(5.3km) 幸福
所在地 北海道帯広市大正本町
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 広尾線
キロ程 16.7km(帯広起点)
電報略号 イヨ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
321人/日
-1981年(昭和56年)-
開業年月日 1929年(昭和4年)9月2日
廃止年月日 1987年(昭和62年)2月2日
備考 広尾線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の大正駅と周囲約500m範囲。下が広尾方面。構内踏切のために少しずれた形の相対式ホーム2面2線と、駅裏側に貨物用の副本線2本を有し、駅舎横の貨物ホーム及び駅裏の農協(現JA帯広大正)倉庫へそれぞれ引込み線を持つ。周囲は広大な畑作地帯で、じゃがいもなどの農産物の出荷駅だった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

大正駅(たいしょうえき)は、北海道十勝支庁帯広市大正本町にあった日本国有鉄道(国鉄)広尾線廃駅)である。電報略号イヨ。広尾線の廃線に伴い1987年(昭和62年)2月2日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム島式ホーム(片面使用)複合型2面2線を有する地上駅で、列車交換可能な交換駅であった[1]。互いのホームは駅舎側ホーム中央部分と島式ホーム南側を結んだ構内踏切で連絡した[1]。駅舎側単式ホーム(西側)が上りの1番線、島式ホーム(東側)が下りの2番線となっていた[1]。島式ホームの外側1線は、側線として残っており、そのほか1番線の帯広方から分岐し駅舎北側のホーム切欠き部分の貨物ホームへの貨物側線を1線、島式ホーム外側の側線からさらに分岐し広尾方も接続する側線を1線有していた[1]

職員配置駅となっており、駅舎は構内の南西側に位置しホーム中央部分に接していた[1]「わたしの旅スタンプ」が設置されていた[1]

「大正駅 - 幸福駅」の乗車券を「あやしげな語呂合わせ」とも評された[1]「たいそう幸福」という縁起切符として発売し、売れ行きも良かった[1]。駅舎のホーム側にはこの切符の宣伝文が書かれたパネルが掲示されていた[2]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。

利用状況[編集]

1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は321人[1]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡[編集]

廃止後も木造駅舎、ホーム、十勝博覧会にて展示された東海道新幹線0系先頭車両が保存されていたが、施設は1997年(平成9年)に解体され、「大正ふれあい広場」として公園に整備された。現在は新規に造られたホームとレプリカの駅名標[4]、旧木造駅舎に似せて建設された公衆トイレが広場内に設置されている。また、0系は池田町の民宿・ワインの国に移設された。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
広尾線
愛国駅 - 大正駅 - 幸福駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)138ページより。
  2. ^ 書籍『追憶の鉄路 北海道廃止ローカル線写真集』(著:工藤裕之、北海道新聞社2011年12月発行)230ページより。
  3. ^ a b 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)13ページより。
  4. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)186ページより。

関連項目[編集]