上更別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上更別駅
上更別駅跡と記念碑(2008.5.1)
上更別駅跡と記念碑(2008.5.1)
かみさらべつ
Kami-Sarabetsu
更別 (6.6km)
(8.0km) 忠類
所在地 北海道河西郡更別村字上更別
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 広尾線
キロ程 42.0km(帯広起点)
電報略号 サヘ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1930年昭和5年)10月10日
廃止年月日 1987年昭和62年)2月2日
備考 広尾線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の上更別駅と周囲約500m範囲。右下が広尾方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

上更別駅(かみさらべつえき)は、北海道十勝支庁河西郡更別村字上更別にあった日本国有鉄道(国鉄)広尾線廃駅)である。電報略号サヘ。広尾線の廃線に伴い1987年(昭和62年)2月2日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム島式ホーム(片面使用)複合型2面2線を有する地上駅で、列車交換可能な交換駅であった[1]。互いのホームは駅舎側ホーム中央部分と島式ホーム北側を結んだ構内踏切で連絡した[1]。駅舎側単式ホーム(東側)が下りの1番線、島式ホーム(東側)が下りの2番線となっていた[1]。島式ホームの外側1線は、帯広方から分岐した行き止まりの側線となっており、そのほか1番線の広尾方から分岐し駅舎南側のホーム切欠き部分の貨物ホームへの貨物側線を1線有していた[1]

無人駅扱いの、運転取扱い要員のみが配置されていた駅であった。駅舎は構内の北東側(広尾方面に向かって左側)に位置し1番線ホーム中央部に接していた[1]

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名はアイヌ語の「サラ・ベツ」(が生える川)に由来し[2]、川の上流に位置することから「上」を冠している[3]

利用状況[編集]

1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は20人[1]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1930年(昭和5年)10月10日 - 国有鉄道広尾線中札内駅 - 大樹駅間延伸開通に伴い開業。一般駅
  • 1974年(昭和49年)12月15日 - 貨物・荷物(発送手荷物を除く)取扱い廃止。出札・改札業務を停止し旅客業務について無人化。列車交換設備を有し、運転要員は営業最終日まで継続配置。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 手荷物発送取扱い廃止。
  • 1987年(昭和62年)2月2日 - 広尾線の廃線に伴い廃止となる。

駅跡[編集]

1999年(平成11年)時点では「上更別駅」と記載された記念碑が建立されていた[5]。この記念碑は更別駅と同様のもので、表側下段の碑文は同文となっているが、表側上段の駅舎をスケッチした陶板と裏面の駅名標は当駅のものになっている[6]。2010年(平成22年)時点[7]、2011年(平成23年)時点でも同様であった[6]。駅跡自体は空地になっており、線路跡も確認できる[6]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
広尾線
更別駅 - 上更別駅 - 忠類駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)139ページより。
  2. ^ 沿革 - 更別村、2015年5月21日閲覧。
  3. ^ 『駅名の起源』 札幌鉄道局編、北彊民族研究会、1939年、72頁。NDLJP:1029473
  4. ^ 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)13ページより。
  5. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVI』(JTBパブリッシング1999年3月発行)38-40ページより。
  6. ^ a b c 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)188-189ページより。
  7. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)87ページより。

関連項目[編集]