シャトレーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2015年11月
株式会社シャトレーゼ
Chateraise Co.,Ltd.
Chatraise logo.png
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
400-1508
山梨県甲府市下曽根町3440-1
山梨県食品工業団地内)
北緯35度35分31.6秒
東経138度33分46.4秒
座標: 北緯35度35分31.6秒 東経138度33分46.4秒
設立 2010年(平成22年)4月1日
業種 食料品
事業内容 食品製造販売およびフランチャイズ店の全国展開
代表者 斎藤誠(代表取締役社長)
資本金 5,000万円
売上高 430億円(平成27年3月末現在)
従業員数 1,700名
主要株主 シャトレーゼホールディングス 100%
外部リンク http://www.chateraise.co.jp/
テンプレートを表示

シャトレーゼは、山梨県甲府市に本社を置く食品メーカーである。

概要[編集]

社名のシャトレーゼ(Châteraisé)は、フランス語を意味するシャトー(Château)と、ブドウを意味するレザンを合わせた造語で、「ぶどうの城」を意味する。フランス語でシャトレーゼの発音は「毛がない膣」と同じ、フランポネで書いている。現在の会社は2010年平成22年)4月に(旧)シャトレーゼから食品事業を分社したものである。なお、(旧)シャトレーゼは持株会社化し、シャトレーゼホールディングスとしてシャトレーゼの全株式を保有している。

会社の特徴として、各地にある自社工場から卸売を通さずに直接フランチャイズ店舗へ送るシステムを、旧シャトレーゼ時代の1980年代より実施している。基本的には山梨県内にある工場から自社トラックで輸送しているが、北海道および九州地方など、山梨県から遠く離れた地域に関しては、それぞれに工場を設置し、そこから輸送する体形を取っている。

日本国外店舗については、製造拠点のある地域はそこから店舗へ輸送しているが、製造拠点のない地域に関しては、日本の製造工場にて製造した商品を冷凍の上、航空扱いにて送っている。

なお日本国内店舗は、自前のECサイトおよび直営店以外での販売は行っておらず、大手ショッピングセンターからの出店依頼も断っている[1]

沿革[編集]

事業内容[編集]

製品[編集]

主に以下の製品を製造・販売している(一部商品のみ記載)。

洋菓子[編集]

など

和菓子[編集]

など

飲料[編集]

など

その他[編集]

シャトレーゼでは通常商品に加え、以下の商品も開発・製造し販売している。

  • 原料に「牛乳」「鶏卵」「小麦粉」を使用していない食物アレルギー対応のケーキ
  • 糖尿病などに対応するため、糖質を低減したケーキやアイスクリーム

工場[編集]

豊富工場

2015年6月現在、下記の5工場が稼動している。

このうち白州工場では一般の見学も実施している。

店舗[編集]

旧デザインの直営店舗例(茨木南店)
現デザインの直営店舗例(西大津店)

2016年9月現在、以下の地域で直営店を出店している。

日本[編集]

北海道 渡島胆振石狩空知上川の各振興局に存在
東北地方 宮城県山形県福島県(かつては秋田県岩手県に存在していた)
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県
近畿地方 大阪府京都府兵庫県[4]奈良県三重県滋賀県和歌山県
中国地方 岡山県広島県山口県
四国地方 なし(かつては香川県徳島県に存在していた)
九州地方 福岡県大分県佐賀県長崎県熊本県宮崎県鹿児島県

日本国外[編集]

シャトレーゼ直営
国・地域名 進出年月日 1号店 進出都市
シンガポール 2015年4月1日 伊勢丹ジュロンイースト店内 シンガポール
台湾 2015年11月1日 台北駅付近の北平西路 台北市新北市台中市
中国 2015年12月1日 上海市黄浦区 上海市、成都市
マレーシア 2016年3月26日 複合商業施設「スリア KLCC クアラルンプールプタリン・ジャヤ
韓国 2016年9月14日 ソウル市江南区三成洞 ソウル市、城南市
UAE 2016年11月20日 ドバイ「Mirdif 35」 ドバイ
香港 2017年1月13日 アピタの関連店舗 香港
メートル・ポール運営
オランダにある完全子会社のメートル・ポールがにて製造および運営を行なっている。北ブラバント州ティルブルフに1号店を開業、かつては同州アイントホーフェンにも出店していた。なお、運営がシャトレーゼ直営ではないことからシャトレーゼの公式サイトには記載されていない。

できごと[編集]

ここでは分社化前の(旧)シャトレーゼ(現・シャトレーゼホールディングス)の食品事業についても記述する。

金属片混入[編集]

2004年4月7日よつ葉乳業ドイツ・ノルドミルヒ社から仕入れた無塩バター(2015年現在は正規表示要求により食塩不使用バター)から金属片が見つかり、このバターをシャトレーゼが仕入れていたことが発覚した[5]。このバターを使用したレーズンサンドを食べた兵庫県の男性が口を切る怪我をしたことからこのバターを使用したとみられる20品目約84万個の回収を行なった[5]。この回収は最終的に25品目190万個にまで拡大し、シャトレーゼは回収だけで2億円の損害を被り、さらにこれが原因により一時的に売り上げが低迷した[6]

シャトレーゼはよつ葉乳業に対して6億円の損害を求め東京地方裁判所へ提訴を行なったが、2008年9月24日に和解が成立し、よつ葉乳業はシャトレーゼに対して億単位の賠償を支払ったと報道されている[6]

水道水白濁[編集]

2007年2月12日から2月13日にかけて豊富工場の洗浄用水道水が白濁しているのを発見、この日同工場で製造された28商品11万5千個をすべて破棄するとともに、同年3月28日にこの水道水の管理者である中央市に対し損害賠償を要求する文書を提出した[7]。これに対し中央市は「白濁を予見するのは不可能」とし損害賠償の支払いを拒否したためシャトレーゼは水道水の使用を断念。本社工場を含め貯水槽を設置し白州工場から地下水をくみ上げタンクローリーで両工場へ運搬する方法に変更した[8]

不正アクセス[編集]

2015年7月30日、同社のインターネットサーバーが不正アクセスされ、約21万人分の会員情報が流出した可能性があることを発表した[9]。27日にサーバー内にあるSQLインジェクション を攻撃する不正アクセスが発生し、28日にその痕跡を発見、調査を開始するとともに28日夜より公式サイトが情報流出によるお詫びに置き換わり、通信販売の受付を一時停止している[10]。なお、直営店の営業およびサーバーが独立しているシャトレーゼベルフォーレワイナリーの通信販売は通常通り行われていた。10月13日よりオンラインショップを再開し全面復旧。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日経スペシャル カンブリア宮殿 2014年11月6日放送
  2. ^ シャトレーゼ オランダに海外第一号店 3年後、売上100億円目標(2012年10月5日、産経新聞関西版)
  3. ^ 「シャトレーゼ、西部のシンガポール伊勢丹に出店-アジア1号店」(2015年4月、シンガポール経済新聞
  4. ^ 加古川市には以前、東加古川に出店していたが、一度閉店した。その後2016年10月21日に、ニッケパークタウン内のテナントとして再出店した。
  5. ^ a b 「原料のドイツ製バターに金属片 焼き菓子、缶詰など自主回収」(2004年4月8日、産経新聞
  6. ^ a b 「金属片混入バター訴訟 シャトレーゼ よつ葉と和解 東京地裁で」(2008年10月2日、北海道新聞
  7. ^ 「中央市、賠償請求応じず 水道水白濁問題 「予見は不可能」 シャトレーゼに伝える」(2007年5月9日、山梨日日新聞
  8. ^ 「菓子製造のシャトレーゼ、主力2工場の生産に使う水を天然水に全面切り替え」(2007年5月17日、日本経済新聞
  9. ^ 「シャトレーゼ:会員情報流出か…最大20万人以上」(2015年7月30日、毎日新聞)
  10. ^ 「シャトレーゼにSQLインジェクション攻撃、情報流出の疑い」(2015年7月30日、ITmedia)

関連項目[編集]

  • さかえ屋 - 福岡県に本社を置く菓子製造販売会社。九州進出時に競合していたが、2015年にシャトレーゼホールディングス傘下入りし関連会社となっている。
  • フジドリームエアラインズ - 1号機のスポンサーを務める他、機内食として茶菓を提供している。

外部リンク[編集]