新小樽駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新小樽駅
しんおたる
Shin-Otaru
倶知安駅 (38.0km)
(32.0km) 札幌駅
所在地 北海道小樽市
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 北海道新幹線
キロ程 328.3km(新青森起点)
開業年月日 2031年 (予定)
備考 新函館北斗 - 札幌間は、現在建設中。
テンプレートを表示

新小樽駅(しんおたるえき)は、北海道小樽市に設置予定の北海道新幹線の駅(仮称)である。従来の小樽駅北海道旅客鉄道(JR北海道)の函館本線)とは別の位置に建設されている。

概要[編集]

天神地区の旧焼却場があった一帯に建設される予定。同駅開業後は乗降客約1200人/日を見込んでいる。

開業後は日本最北端の新幹線駅になる(2016年3月26日以降、北海道新幹線の札幌駅延伸までは新函館北斗駅が日本最北端の新幹線駅)。

在来線の最寄駅は南小樽駅で、南西方向に直線距離で3kmほど離れる。小樽駅からは南方向に直線距離で4kmほど離れる。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
北海道新幹線(事業中)
倶知安駅 - 新小樽駅(仮称) - 札幌駅

外部リンク[編集]