奥手稲山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奥手稲山
Mount Oku-Teine.JPG
林道より望む
標高 948.9 m
所在地 日本の旗 日本
北海道札幌市手稲区
位置 北緯43度5分14.6秒
東経141度9分10.8秒
座標: 北緯43度5分14.6秒 東経141度9分10.8秒
奥手稲山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
奥手稲山山頂

奥手稲山(おくていねやま)は北海道札幌市手稲区南区の境界にある山。

標高948.9メートル[1]。名前の由来は手稲山の奥に所在することから[2]スキーの山として知られる[3]

1930年(昭和5年)[3]、山頂から南に2キロメートルほどの場所に[2]日本国有鉄道経営の山の家が建てられた[3]。経営は後に、北海道大学ワンダーフォーゲル部が引き継いでいる[3]

夏季でも林道を利用することで登ることができるが、以下のような注意点がある。

  • 林道入り口は採石場になっており、大型車両が行きかう業務中に侵入するのは非常に危険である。休業日の日曜日以外に立ち入るべきではない[4]
  • あくまで林道であって登山コースではないので、案内標識の類はない[4]
  • 林道は山頂に達しておらず、その下を通過している。よって無雪期には登頂できない。残雪期であれば、雪を足がかりにして山頂まで到達できる[5]

脚注[編集]

  1. ^ 梅沢 & 菅原 2015, p. 54.
  2. ^ a b 「札幌の山・峠 - 南区」『札幌地名考』
  3. ^ a b c d 今村朋信「札幌の山・50峰」『札幌の山々』
  4. ^ a b 梅沢 & 菅原 2015, p. 55.
  5. ^ 梅沢 & 菅原 2015, p. 57.

参考文献[編集]

  • 『札幌地名考』さっぽろ文庫1
  • 『札幌の山々』さっぽろ文庫48
  • 梅沢俊、菅原靖彦 『北海道夏山ガイド』 北海道新聞社、2015年9月10日、最新第4版。ISBN 978-4-89453-795-8