畠山昌人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
畠山 昌人
基本情報
本名 畠山 昌人
階級 ライトフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1981-05-04) 1981年5月4日(41歳)
出身地 北海道北見市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 14
KO勝ち 5
敗け 3
引き分け 3
テンプレートを表示

畠山 昌人(はたけやま まさと、1981年5月4日 - )は、日本の元プロボクサー北海道北見市生まれ [1][2][3]。小学生の時に札幌市に定住し、以来同地を拠点に活動している。元日本ライトフライ級王者。

北海道石狩高等学校3年時に協栄札幌赤坂ボクシングジム所属でプロデビュー。北海道内のジム所属者では初の日本王者となった[1]

2005年6月28日の試合直後に網膜剥離が発覚し引退。

妻はスキージャンプ選手の澤谷夏花[4]

来歴[編集]

小学校時代はSSS札幌サッカースクールに在籍し山瀬功治赤井秀一とチームメイトで親交を持つ。小中学を通じて、サッカーの札幌市選抜に選ばれ、高校にスポーツ推薦の話もあった。経歴の中で北海道で試合をしたのはただ一度。常にアウェイでの戦いであった。

高校入学後はボクシングに専念し、1999年6月21日、札幌協栄赤坂ジム所属でプロデビュー(4R判定勝ち)[1]

1999年12月17日、3戦目で後のOPBF東洋太平洋ライトフライ級王者林田龍生と対戦し、4R判定勝ちを収める。

2000年8月7日、5戦目で林田龍生と再戦。4R判定負けを喫する。

2002年7月8日、11戦目で北野隼の日本ライトフライ級王座に挑戦。最終Rに北野からダウンを奪うも、ジャッジのミスでスリップ扱いにされる。結局、この判定が響いて10R引き分けとなり、日本王座獲得に失敗[1]。これに対しジムの抗議および署名活動がなされ、日本ボクシングコミッションがミスジャッジの裁定を下し、再戦が決定される[1]

2002年11月11日、12戦目で北野隼の日本王座に再挑戦。10R判定勝ちで日本ライトフライ級王者となった[1]

2003年4月21日高山勝成を相手に日本王座の初防衛戦を行う。序盤から高山の手数に押され気味だったが、後半から盛り返し、9R逆転TKO勝ちで初防衛に成功。

2003年7月21日、小山泰裕を相手に2度目の防衛戦を行う。8RTKO勝ちで2度目の防衛に成功。

2003年10月20日、OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者の山口真吾と、日本・東洋王者対抗戦を行う。序盤は畠山、終盤は山口が押す一進一退の攻防の末、10R引き分け。

2004年2月16日、日本王座3度目の防衛戦で、林田龍生と3度目の対戦。両者最後の対戦となったこの試合は、畠山が10R判定勝ちを収め、日本王座3度目の防衛に成功。

2004年6月21日、宮城英和を相手に日本王座4度目の防衛戦を行う。10R引き分けで辛くも防衛に成功。

2004年9月20日増田信晃を相手に日本王座5度目の防衛戦を行い、10R判定負け。約2年間保持した日本王座から転落した。

2005年3月21日、半田友章を相手に再起戦を行い、10R判定勝ち。再起に成功する。

2005年6月28日、再起2戦目、ペット・サクルンルアンを相手に地元・北海道の札幌メディアパーク・スピカで初の凱旋試合を行い4RTKO勝ちを収める。そのリング上で、増田信晃への再戦と、世界王座奪取をアピールする。

しかしその数日後、畠山が右目の異常を訴え、網膜裂孔・網膜剥離と診断される。

2005年8月16日JBCのルール規定により、正式に現役引退を発表。その際、畠山は専門誌のインタビュー「試合に出られなくなっても、何らかの形で大好きなボクシングは続けます」とコメントしている。

2005年11月21日後楽園ホールで引退式が行われた。引退式のリング上で畠山は「自分の人生はまだこれから。ボクシングで学んだ経験などを大切にして、挑戦する気持ちを忘れずに、これからも戦い続けていきたい」とコメントを残し、8年間のプロボクサー生活に幕を下ろした。

引退後[編集]

2005年9月下旬、約1か月の入院生活を終え、現役時代に所属していた札幌協栄赤坂ボクシングジムでトレーナーを開始する。

2006年8月2日WBA世界ライトフライ級王座決定戦(ファン・ランダエタ亀田興毅)を観戦した際は、自身のブログ内で、判定に対する不服感と、自身が現役時代に追い求めていた世界王座が「ありえない」形で亀田に渡ってしまったショックを訴えていた。

戦績[編集]

  • プロボクシング:20戦14勝(5KO)3敗3分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 1999年6月21日 4R 判定 生澤誠(沖) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 1999年9月20日 2R TKO 竹中章裕(新松戸高橋) 日本の旗 日本
3 1999年12月17日 4R 判定3-0 林田龍生(渡嘉敷) 日本の旗 日本
4 2000年6月9日 4R 判定 小川利樹(沖) 日本の旗 日本
5 2000年8月7日 4R 判定0-2 林田龍生(渡嘉敷) 日本の旗 日本 東日本新人王敗退
6 2001年3月11日 6R 判定 伊波秀吉(具志川) 日本の旗 日本
7 2001年6月18日 6R 判定 長谷部弘康(協栄) 日本の旗 日本
8 2001年7月24日 8R 判定 家住勝彦(レイS) 日本の旗 日本
9 2001年10月29日 8R TKO 家住勝彦(レイS) 日本の旗 日本
10 2002年4月6日 10R 判定2-1 宮城誠(帝拳) 日本の旗 日本
11 2002年7月8日 10R 判定1-0 北野隼(ヨネクラ) 日本の旗 日本 日本ライトフライ級タイトルマッチ
12 2002年11月11日 10R 判定3-0 北野隼(ヨネクラ) 日本の旗 日本 日本ライトフライ級タイトルマッチ
13 2003年4月21日 9R 2:34 TKO 高山勝成(エディタウンゼント) 日本の旗 日本 日本ライトフライ級王座防衛①
14 2003年7月21日 8R 2:35 TKO 小山泰裕(ワタナベ) 日本の旗 日本 日本ライトフライ級王座防衛②
15 2003年10月20日 10R 判定1-0 山口真吾(渡嘉敷) 日本の旗 日本
16 2004年2月16日 10R 判定2-0 林田龍生(渡嘉敷) 日本の旗 日本 日本ライトフライ級王座防衛③
17 2004年6月21日 10R 判定1-1 宮城英和(金子) 日本の旗 日本 日本ライトフライ級王座防衛④
18 2004年9月20日 10R 判定0-2 増田信晃(駿河) 日本の旗 日本 日本ライトフライ級王座陥落
19 2005年3月21日 10R 判定3-0 半田友章(宇都宮) 日本の旗 日本
20 2005年6月28日 4R TKO ペット・サクルンアン タイ王国の旗 タイ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「協栄赤坂ジム・畠山が日本王者 快挙に関係者も喜びの声」北海道新聞札幌市内板、2002年11月12日、31頁
  2. ^ 「プロボクシング 北海道内ジム初日本王者・畠山が凱旋=北海道」スポーツ報知、 2002年11月13日、17頁
  3. ^ 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ボクシング・マガジン編集部編、ベースボール・マガジン社、2004年3月1日
  4. ^ 北方ジャーナル|information”. hoppo-j.com. 2021年3月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
北野隼
第29代日本ライトフライ級王者

2002年11月11日 - 2004年9月20日

次王者
増田信晃