千葉直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千葉直人
Naoto-Chiba20111126.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道札幌市手稲区
生年月日 (1986-07-30) 1986年7月30日(30歳)
身長 161.5cm
体重 47kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・成島英春(2006.3.1 - 2009.4.30)
美浦・フリー(2009.5.1 - 2012.11.30)
初免許年 2006年
免許区分 平地・障害
テンプレートを表示

千葉 直人(ちば なおと、1986年7月30日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) ・美浦トレーニングセンター南に所属していた元騎手で、現在は藤原辰雄厩舎所属の調教助手。騎手時代、騎手免許は平地競走障害競走両方の免許を所持していた。

来歴[編集]

2003年、4月にJRA競馬学校騎手課程第22期生として入学する。2006年、2月にJRA競馬学校騎手課程を卒業し騎手免許を取得し成島英春厩舎所属騎手としてデビュー。

初騎乗は3月4日中山競馬場第1レースで、16番人気だったハッピーステージに騎乗し15着。4月25日浦和競馬場で行われたマルチスピリット特別で地方競馬初騎乗。6番人気だったカントウオウに騎乗し9着となる。12月2日中京競馬場で行われた第1レースを5番人気だったオースミダイケンに騎乗して制し、JRA通算107戦目で初勝利を挙げた。

2007年1月7日に障害競走で初騎乗し、10番人気だったコスモベリュームトに騎乗して10着となる。10月20日東京競馬場でレース中に落馬。診察の結果、右上骨折と診断された。

2008年には減量特典3年目であることを活かし20勝をあげたが、減量特典がなくなった2009年以降は騎乗数が減少。その後は未勝利に終わり、若手騎手時代も含めて特筆すべき成績は残せず、2012年11月30日付けで騎手を引退し、藤原辰雄厩舎所属の調教助手になった。

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
平地 初騎乗 2006年3月4日 2回中山3日1R 3歳未勝利 ハッピーステージ 16頭 16 15着
初勝利 2006年12月2日 4回中京1日1R 3歳上500万下 オースミダイケン 16頭 5 1着
重賞初騎乗 2008年7月13日 2回福島8日11R 七夕賞 アクティブアクト 15頭 13 11着
障害 初騎乗 2007年1月7日 1回中山2日4R 障害未勝利 コスモベリュームト 14頭 10 10着
年度 平地競走 障害競走
1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2006年 1 3 8 119 .008 .034 .101 -
2007年 3 4 5 203 .015 .034 .059 0 1 0 16 .000 .063 .063
2008年 20 12 17 393 .051 .081 .125 -
2009年 0 7 4 147 .000 .048 .075 -
2010年 0 1 2 54 .000 .019 .056 -
2011年 0 1 1 26 .000 .038 .077 0 0 0 8 .000 .000 .000
2012年 0 0 0 18 .000 .000 .000 -
中央 24 28 37 960 .025 .054 .093 0 1 0 24 .000 .042 .042
地方 0 0 0 6 .000 .000 .000  

おもな騎乗馬[編集]

  • クィーンオブキネマ(2007年岩室温泉特別)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]