クマゲラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クマゲラ
クマゲラ
クマゲラ(オス) Dryocopus martius
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キツツキ目 Piciformes
: キツツキ科 Picidae
亜科 : キツツキ亜科 Picinae
: クマゲラ属 Dryocopus
: クマゲラ D. martius
学名
Dryocopus martius (Linnaeus, 1758)[1][2]
和名
クマゲラ[2]
英名
Black woodpecker[1][2]

クマゲラ (熊啄木鳥[3]Dryocopus martius)は、キツツキ目キツツキ科クマゲラ属に分類される鳥類。

分布[編集]

ヨーロッパイラン北部、中華人民共和国北東部および南西部、トルコの一部、日本北海道東北地方北部)、モンゴル北部、ロシア[4][5][6][7][8][9][10]

形態[編集]

全長45 - 57センチメートル[6]体重0.2 - 0.4キログラム[6]。日本に分布するキツツキ科の構成種では最大種で、和名のクマ(「特大の」の意)の由来になっている[3]。後頭の羽毛は伸長(冠羽)する[9]。全身は黒い羽毛で被われ[6]、英名(black woodpecker = 黒いキツツキ)の由来になっている[3]。種小名martiusは「軍人の」の意で、黒い羽毛が軍服を連想させることに由来する[3]

虹彩は黄白色[4][9]。嘴の色彩は黄白色で[7]、先端が黒い[4][9]。後肢の色彩は灰色や黒[9]

オスは頭頂から後頭にかけて赤い羽毛で被われる[4][7][9]。メスは後頭のみ赤い羽毛で被われる[3][4][7][8][9]

分類[編集]

以下の分類・分布はClements Checklist v2016・IOC World Bird List ver.7.1に、和名は日本鳥類目録 改訂第7版に従う[11][12]

Dryocopus martius martius (Linnaeus, 1758) クマゲラ[13]
ヨーロッパからカムチヤツカ半島にかけて、日本
Dryocopus martius khamensis (Buturlin, 1908)
中華人民共和国南西部(チベット含む)

生態[編集]

日本では北海道では常緑針葉樹林・落葉広葉樹林・混交林などの様々な森林、東北地方では主にブナ林に生息する[13]

主にアリを食べる(1日あたり最高1,000匹)がその他の昆虫(キクイムシ類の幼虫で1日あたり最高900匹)、果実も食べる[3][5][6][8]。主に枯れ木や切り株の内部にいる獲物を捕食する[5][8]。冬季には生木内にいる獲物を食べる[5]。雪中の切り株まで雪を掻き分け中にいるアリを捕食した例もある[8]

繁殖形態は卵生。大木や枯れ木に穴を空けた巣を作る[6]。毎年同じ巣を利用することもあり、最大で同じ巣を6年利用した例がある[6]。5月に1回に2 - 4個(主に3個)の卵を産む[13]。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は12-14日[6]。抱卵・育雛も雌雄ともに行うが、雛が孵化した直後や夜間はオスだけが抱卵・抱雛を行う[13]。雛は孵化してから24-30日(6-7月)で巣立つ[6]

人間との関係[編集]

アイヌの間では「チプ・タ・チカップ」と(丸木舟を彫る鳥)と呼ばれ、ヒグマの居場所を教えたり道案内をする神として崇められていた[14]

D. m. martius クマゲラ
日本では森林伐採による営巣木・採食地の破壊、繁殖期の人の侵入による攪乱が懸念されている[13]。日本では1965年に国の天然記念物に指定されている[5][9]
絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト[13]
Status jenv VU.png

クマゲラの形を模する「クマゲラマーク」は日本パークゴルフ協会の商標として登録されており[15]、パークゴルフの発祥の地である北海道幕別町カントリーサインにも描かれている。また、黒松内町のカントリーサインにはブナ林に生息するクマゲラが描かれている。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c BirdLife International. 2016. Dryocopus martius. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22681382A87301348. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22681382A87301348.en. Downloaded on 28 February 2017.
  2. ^ a b c 日本鳥学会「クマゲラ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、231頁
  3. ^ a b c d e f 安部直哉 『山渓名前図鑑 野鳥の名前』、山と渓谷社2008年、136頁。
  4. ^ a b c d e 五百沢日丸 『日本の鳥550 山野の鳥 増補改訂版』、文一総合出版2004年、118頁。
  5. ^ a b c d e 加藤陸奥雄、沼田眞、渡辺景隆、畑正憲監修 『日本の天然記念物』、講談社1995年、660-662頁。
  6. ^ a b c d e f g h i 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科8 鳥類II』、平凡社1986年、148、150-151、154、162頁。
  7. ^ a b c d 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、210-211頁。
  8. ^ a b c d e 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社1984年、50、190頁。
  9. ^ a b c d e f g h 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、493頁。
  10. ^ 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、79頁。
  11. ^ Clements, J. F., T. S. Schulenberg, M. J. Iliff, D. Roberson, T. A. Fredericks, B. L. Sullivan, and C. L. Wood. 2016. The eBird/Clements checklist of birds of the world: v2016. Downloaded from http://www.birds.cornell.edu/clementschecklist/download/. (Retrieved 28 February 2017).
  12. ^ Woodpeckers, Gill F & D Donsker (Eds). 2017. IOC World Bird List (v 7.1). http://dx.doi.org/10.14344/IOC.ML.7.1. (Retrieved 28 February 2017)
  13. ^ a b c d e f 藤巻裕蔵 「クマゲラ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-2 鳥類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、206-207頁。
  14. ^ 高野伸二編 『山渓カラー名鑑 日本の野鳥 特装版』、山と渓谷社、1985年、372頁。
  15. ^ キャラクター・ロゴマーク公益社団法人日本パークゴルフ協会公式ページ。