支笏洞爺国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
支笏洞爺国立公園
Shikotsu-Tōya National Park
IUCNカテゴリII(国立公園
Lake Shikotsu Mt Monbetsu03n3200.jpg
ToyakoViewFromToyakoOnsen.JPG
(上)支笏湖畔(2009年10月)
(下)洞爺湖畔(2008年9月)
指定区域 支笏洞爺国立公園(支笏湖地域)
支笏洞爺国立公園(洞爺湖地域)
分類 国立公園
面積 99,473ヘクタール[1]
指定日 1949年(昭和24年)5月16日
運営者 環境省
年来園者数 990万人(平成25年)[2]
事務所 北海道地方環境事務所
事務所所在地 札幌市北区北8条西2丁目札幌第1合同庁舎3階
公式サイト 環境省_支笏洞爺国立公園
テンプレートを表示

支笏洞爺国立公園(しこつとうやこくりつこうえん)は、北海道にある国立公園

概要[編集]

北海道南西部に位置し、支笏湖洞爺湖カルデラを中心として有珠山昭和新山樽前山羊蹄山など多くの火山があり、火山性の湖沼温泉もあるなど火山群を形成している[3]。北海道内の国立公園の中では最も利用者が多い国立公園となっている[3]札幌市中心部や新千歳空港からのアクセスが良く、シーニックバイウェイの「札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート」や「支笏洞爺ニセコルート」になっている[4][5]

地域[編集]

支笏洞爺国立公園は支笏湖地域、定山渓地域、洞爺湖地域、羊蹄山地域、登別地域の5つに分けることができる。

  • 羊蹄山地域
    • 独立峰羊蹄山(蝦夷富士)を中心とする地域。頂上付近では多数の高山植物を確認することができ、「後方羊蹄山の高山植物帯」として国の「天然記念物」に指定されている[9]。山麓は湧水名水スポットになっている。

歴史[編集]

  • 1949年昭和24年)5月16日、国立公園指定。
  • 1979年(昭和54年)9月27日、再検討(羊蹄山地域)。
  • 1980年(昭和55年)5月1日、支笏湖ビジターセンターオープン[11]
  • 1995年平成7年)8月21日、再検討(支笏湖、定山渓、洞爺湖、登別地域)、点検1(羊蹄山地域)。
  • 2003年(平成15年)
    • 2月28日、点検1(洞爺湖地域)。
    • 7月5日、支笏湖ビジターセンターリニューアルオープン[12]
  • 2004年(平成16年)7月10日、洞爺財田自然体験ハウスオープン[13]
  • 2006年(平成18年)2月20日、乗り入れ規制拡張。
  • 2007年(平成19年)4月25日、洞爺湖ビジターセンター・火山科学館オープン[14]
  • 2009年(平成21年)8月22日、洞爺湖有珠山ジオパークが「世界ジオパーク」認定[15]

景勝地[編集]

支笏湖周辺

登別温泉周辺

羊蹄山周辺

  • 半月湖

洞爺湖周辺

  • 壮瞥公園
  • 西山山麓火口散策路

集団施設地区・ビジターセンター[編集]

国立公園集団施設地区[17]
地区名 面積 所在地 利用者数(人)
支笏湖 53.0ha 北海道千歳市 368,000[18]
登別 71.0ha 北海道登別市 2,597,000[18]
洞爺湖 102.1ha 北海道虻田郡洞爺湖町、有珠郡壮瞥町 2,819,000[18]
財田 61.6ha 北海道虻田郡洞爺湖町 17,000[18]
昭和新山 12.8ha 北海道有珠郡壮瞥町 972,000[18]
真狩口 32.4ha 北海道虻田郡真狩村 25,000[18]
ビジターセンターなど
施設名 設置者 所在地 利用者数(人)
支笏湖ビジターセンター 環境省 北海道千歳市支笏湖温泉 200,407[19]
支笏湖パークハウス
-
登別パークサービスセンター 北海道登別市登別温泉町
-
洞爺湖ビジターセンター 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉町142-5 69,023[19]
洞爺財田自然体験ハウス 北海道虻田郡洞爺湖町財田2-2 5,199[19]
昭和新山パークサービスセンター 北海道有珠郡壮瞥町昭和新山
-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 基礎情報”. 環境省. 2016年1月28日閲覧。
  2. ^ 国立公園の利用者数(公園、年次別) (PDF)”. 環境省. 2016年1月28日閲覧。
  3. ^ a b 支笏洞爺国立公園管理計画書 2010, p. 1.
  4. ^ 札幌シーニックバイウェイ藻岩山麓・定山渓ルート”. シーニックバイウェイ支援センター. 2016年1月29日閲覧。
  5. ^ 支笏洞爺ニセコルート”. シーニックバイウェイ支援センター. 2016年1月29日閲覧。
  6. ^ 休暇村支笏湖公式ホームページ”. 休暇村協会. 2016年1月28日閲覧。
  7. ^ 豊平峡(ほうへいきょう)オフィシャルサイト”. 札幌リゾート開発公社. 2016年1月29日閲覧。
  8. ^ 日本ジオパークネットワーク”. 2016年1月28日閲覧。
  9. ^ 後方羊蹄山の高山植物帯 - 文化遺産オンライン(文化庁
  10. ^ 倶多楽湖(くったらこ)”. 登別観光協会. 2016年1月28日閲覧。
  11. ^ 要覧ちとせ 平成27年版 (PDF)”. 北海道千歳市. p. 320 (2015年). 2016年2月1日閲覧。
  12. ^ “支笏湖ビジターセンターがリニューアルオープン”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2003年7月7日). https://www.tomamin.co.jp/2003/cp030707.htm 2016年2月1日閲覧。 
  13. ^ “洞爺財田自然体験ハウスが開館、式典催す”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2004年7月11日). http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2004/200407/040711.htm 2016年2月1日閲覧。 
  14. ^ 洞爺湖ビジターセンター・火山科学館”. 北海道ファンマガジン. PNG Office (2008年3月14日). 2016年2月1日閲覧。
  15. ^ 洞爺湖有珠山ジオパーク”. 2016年1月29日閲覧。
  16. ^ 登別原始林 - 文化遺産オンライン(文化庁
  17. ^ 国立公園集団施設地区 (PDF)”. 環境省 (2015年). 2016年1月28日閲覧。
  18. ^ a b c d e f 国立公園集団施設地区等利用者数 (PDF)”. 環境省. 2016年1月28日閲覧。
  19. ^ a b c 国立公園内ビジターセンター等利用者数 (PDF)”. 環境省 (2013年). 2016年1月28日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]