風不死岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
風不死岳
支笏湖畔から望む風不死岳
支笏湖畔から望む風不死岳
標高 1,102.5 m
所在地 日本の旗 日本
北海道千歳市
位置 北緯42度43分2.2秒
東経141度21分31.2秒
座標: 北緯42度43分2.2秒 東経141度21分31.2秒
種類 成層火山溶岩ドーム
風不死岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
支笏湖畔の対岸から望む風不死岳
樽前山の縦走道から望む風不死岳

風不死岳(ふっぷしだけ)は、北海道千歳市にある第四紀火山である。標高は1,102.5 mで三等三角点(点名「風不止」)がある。

特徴[編集]

地質安山岩質の成層火山溶岩ドームを持つ。支笏湖の南側に位置する支笏カルデラの後カルデラ火山である。同じく後カルデラ火山で近隣にある樽前山恵庭岳より古く侵食が進んでいる。山麓には幅が極めて狭く深い峡谷がいくつもあり、そのひとつが苔の洞門である。

「ふっぷし」という山名は、アイヌ語で「トドマツのあるところ」を意味する「フプ・ウシ」「フップ・ウシ」「フプシ」が由来である。その名の通りかつてはトドマツの純林に覆われていたが、1954年の洞爺丸台風で大量の風倒木を出し、それ以前の面影はなくなっている。

2011年、過去1万年以内に噴火していたことが判明し[1]、同年6月7日に活火山に選定された[2]

噴火活動時期[編集]

約4万年前から火山活動が始まり、約8,500年前にマグマ水蒸気爆発、約4,500年前に水蒸気爆発が起きたと推定されている[3]

登山ルート[編集]

樽前山7合目ヒュッテから、および樽前山からのルートが一般的。北側から尾根沿いおよび沢を登るコースもある。

風不死岳事件[編集]

山全域にわたりヒグマの出没が多い。

1976年昭和51年)6月4日、竹伐採業の男性がヒグマに突然襲われた。男性がナタで応戦し、同僚の男性も駆けつけて金テコを振り回すとヒグマは逃亡した。翌日の5日、風不死岳山麓で根曲がり竹を採り帰ろうとしていた男性 (当時53歳) は突然、前述したものと同様の個体と思われるヒグマに遭遇した。男性はゆっくり後ずさりをしたがにつまずいて転倒してしまった。するとヒグマは飛びかかってきた。幸い、そばにいた親戚の男性 (当時46歳) が大声をだし追い払ったので男性は怪我ですんだ。

しかし9日、11人のグループたけのこ取りにやってきた。彼らはヒグマ出没警報が出ているのにも関わらず、各自分散して山へ入った。しかし集合時間になっても3人が戻ってこなかったため、3人が探しに山へ戻った。少し行った所で1人が重傷を負って倒れていた為病院へ運び、更に奥へ進んで行った。すると遺体を食べているヒグマを発見、警察に通報した。

そして駆けつけたハンターと警官によってヒグマは射殺された。そのそばにはもう1人の遺体があった。死亡した2人は当時58歳と当時54歳の男性だった。ヒグマは2歳5ヶ月の雌グマで、結果的に2人が死亡し3人が怪我をした。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]