ぽすくま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ぽすくまは、日本郵便のオリジナルキャラクターである。

概要[編集]

2012年9月21日発行の切手「秋のグリーティング」から登場した、クマのぬいぐるみの郵便屋さんである。日本郵便の切手デザイナーである中丸ひとみがデザインを行い、テディベア作家の町田節子が制作を担当した。

首に赤いリボンを巻き、マークが縫い付けられた青色の帽子とカバンを身につけている。好きなものはお花と朝食のはちみつトースト。

当初は「春のグリーティング」と「秋のグリーティング」の切手のみ登場してきたが、後述の通り日本郵便のキャラクターとしての展開も進められている。

ぽすくまの仲間[編集]

2013年9月19日発行の切手「秋のグリーティング」以降に登場した、新しいキャラクター。ぽすくまに引き続き町田が制作を担当した。

  • ぽすとーすと - 森の郵便局でぽすくまと一緒に働いている「ぽすとも」(ぽすくまの友達)で、色はブラウン。好奇心旺盛な性格。好きなものは夕暮れに読む手紙とホットココア。
  • ぽすみるく - 森の郵便局でぽすくまと一緒に働いている「ぽすとも」で、色は。やさしい性格で、ぽすくまやとーすとより少し先輩。好きなものは冬のはじまりとホットミルク。
  • ぽすこぐま - ポストに手紙が差し出せずに困っていたところをぽすくまに助けられて以来、ぽすくまを慕っている。将来郵便屋さんを夢見ている。好きなものはお花の切手とゆで卵
  • ぽすじゃむ - お便りを書くのが大好きな女の子。ぽすくまが届けてくれるお便りを毎日楽しみに待っている。好きなものは雨上がりのお散歩とイチゴゼリー。

以下は2015年9月11日発行の切手「秋のグリーティング」以降に登場した、新しいキャラクター。

  • ぽすらいむ - 町の郵便局で働くぽすくまの幼なじみ。好きなものはひまわりとクリームソーダ。
  • けんふくろう - 手紙の書き方を教えてくれる森の賢者。好きなものはインクの香りとバターサブレ。
  • ぺんこあら - ぽすじゃむのペンフレンド。好きなものは木かげのお昼寝とユーカリ。

日本郵便のキャラクターとして[編集]

  • 2013年1月からグッズの販売が始まり[1]、以降「春のグリーティング」「秋のグリーティング」の発売の度にグッズが発売されている。さらには夏頃には着ぐるみも登場した。[2][3]。着ぐるみは郵便局関連の販促イベントに度々登場しており、日本郵便独自のキャラクターとして定着しつつある。
  • 平成24年度から3年連続で郵便番号簿の表紙にはぽすくまが採用されている。
  • 2016年ゆるキャラグランプリ・「企業・その他ゆるキャラ部門」で優勝した[4]

出演[編集]

劇場アニメ[編集]

その他[編集]

町田はグリーティング切手用にピンクのテディベアも制作していた。ピンクのテディベアは名前が与えられないまま2度グリーティング切手に登場してきた。

このテディベアは「じゃむ」として2014年9月5日発行の切手「秋のグリーティング」と同時発売のぬいぐるみ・ストラップの発表に際し、正式に仲間入りを果たした[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]