ピーナッツくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピーナッツくん
人物
生誕 7月2日
職業 バーチャルYouTuber
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年7月4日 -
ジャンル アニメーションバラエティゲーム実況音楽
登録者数 ピーナッツくん!オシャレになりたい! 8万6597人
チャンチョのゲーム部屋 1万3491人
レオタードブタ 5869人
総再生回数 ピーナッツくん!オシャレになりたい! 1460万4183回
チャンチョのゲーム部屋 42万9832回
レオタードブタ 10万3171回
事務所(MCN なし
関連人物 甲賀流忍者!ぽんぽこ
チャンネル登録者数、総再生回数は2019年8月21日時点。
テンプレートを表示

ピーナッツくんは、ショートアニメ『オシャレになりたい!ピーナッツくん』の主人公。日本のバーチャルYouTuber[1]。このページではショートアニメ『オシャレになりたい!ピーナッツくん』についても扱う。

概要[編集]

頭はピーナッツで、体は黄色、白いブリーフをはき、赤いスカーフを首に巻いている男の子である[2]。年齢は5歳[3]。YouTubeに投稿されているショートアニメ『オシャレになりたい!ピーナッツくん』の主人公であり、2018年初頭からは、同アニメから独立したキャラクター甲賀流忍者!ぽんぽこと共に、バーチャルYouTuberとしても活動している[1][4][3]

『オシャレになりたい!ピーナッツくん』は2017年7月4日に初めてYouTubeに投稿され、最初期の男性バーチャルYouTuberの1人であるとされている[4]。本人も、「電脳少女シロ(同じく2017年7月にデビュー)と同期である」と主張しており[1]、このことから、輝夜月月ノ美兎らは後輩にあたる[3]

ショートアニメを始めとする、ピーナッツくんのプロデュースや声優、レオタードブタの楽曲制作は、ピーナッツくんのご主人様である兄ぽこが行っている。兄ぽこは甲賀流忍者!ぽんぽこの実兄[5][6]。また、ヤギハイレグ(パリピさん)、コモラは兄ぽこの友人である[7]

Vtuber月ノ美兎は自身の対談において尊敬する人物としてピーナッツくんを挙げている[8]
ミュージシャンのn-bunaはピーナッツくんと甲賀流忍者!ぽんぽこのファンである事を公言しており、自身のインタビューにおいて、ピーナッツくんは社会風刺であり、芸術として美しいと評価している[9]
また、声優原田ひとみや、フィギュアスケーター村主章枝もTwitter上でピーナッツくんに言及している[10][11]

芸風[編集]

美少女美少年の多いバーチャルYouTuber界においてニッチな存在であることを自覚し[2]、他のバーチャルYouTuberが躊躇するような企画ができることを特長としている[3]。例えば自身の活動二周年記念配信では着ぐるみ姿を公開し、ゆるキャラグランプリを目指すことを宣言した[12]また、原宿にいる女子高生にウケるのは自分だけであり、差別化できている、と自己分析している[3]

ピーナッツくんは自身のファンを「おともナッツ」と呼び、全員JK(女子高生)であると主張している。実際に自ら原宿へ出向いて認知度調査をしたことがある[4][13]。視聴者とピーナッツくんが直接通話する企画「JK枠」では、視聴者は女子高生になり切らなければならない[1][2]。その一方で、0歳から5歳までの幼児を対象にした生配信『すくすく!ピーナッツくん』を、不定期で行っており[1]、視聴者は0歳から5歳児になり切ってコメントしなければならない[2]。この理由をピーナッツくん本人は、「自分とは違う何者かになりきる時間を体験してほしいからナッツ」と答えている[2]。なお、自身では主な視聴者層を20代男性のデジタルネイティブだと認識しており、彼らに向けた時事ネタやネットミームを動画にしている[2]

ブーム当初と比べて企業の進出が目立ち、Youtuber業界と比べて個人の創作発表の場としての側面が弱いバーチャルYouTuber業界において、美少女でも美少年でもなく、企業に所属せずほぼ毎日動画投稿を行う「ぽこピー」は、業界において一定の存在感を持っている[3][4]

エピソード[編集]

地固めがすごいと、自他ともに評されることがある。これは本人の企画力、「JK枠」でみせる対応力、時事に関する嗅覚、業界におけるポジション、スキルなどを指して言われる[1][3][4]

折に触れて「僕は外様の人ですから[1]と言い、バーチャルYouTuberの有識者会議を開いたり、バーチャルグループにじさんじに入るための模擬面接を行うなど、業界全体に対するメタ的な視点も持っている[1]。にじさんじ、BANs有閑喫茶あにまーれを招いて開かれた「ライブ王決定戦」[14]や、企業・個人を問わず参加できる24時間生配信「ぽんぽこ24」[15][16]など、横断的なイベントを行うことも多い。この24時間配信を行った理由について本人は、世間が知らない面白いバーチャルYouTuberにスポットライトが当たってほしいからだ、と述べている[3]

来歴[編集]

2017年
2018年
2019年

オシャレになりたい!ピーナッツくん[編集]

オシャレになりたい!ピーナッツくん』は、主人公のピーナッツくんと相棒であるチャンチョがピーナッツ星を冒険しながら、様々なキャラクターと出会い、交流する1分程のショートアニメである[3]。内容は主にシュールギャグや時事ネタを扱っており、毎回様々なキャラクターが登場する。YouTubeへの投稿を中心としているが、Amazonプライム・ビデオでも一部配信されている[1][3]

主な登場人物[編集]

ピーナッツくん
アニメにおける主人公。5歳。ピーナッツ星出身。
チャンチョ
ピーナッツくんの親友。3歳。キャラクター人気投票企画「ONP総選挙」第2回、第3回で1位を獲得。アイドルグループ「.BEANs」のメンバー。
怪盗ぽんぽこ
甲賀流忍者!ぽんぽこの元となったキャラクター。第4話に登場。
レオタードブタ
ピーナッツ星の大スター。7歳。ピーナッツくんとチャンチョとは昔なじみ。ヤギハイレグと共にラッパーとして活動、2019年2月25日に初となるEP『粗密 -SOMITSU-』をリリースした[26]。第26話に初登場。
ヤギハイレグ
レオタードブタと共にラッパーとして活動。第11話に登場するパリピさんは声優が同一人物。
コモラ
Youtubeチャンネル「チャンチョのゲーム部屋」にてゲーム実況を行う。引きこもりすぎて絶滅できなかった恐竜。感情はない[27]。シーズン1最終話に登場。
デニムくん
「.BEANs」のメンバー。悪口を言われることで、心にダメージを負うとダメージジーンズの姿になる。デニム玄師や、でにみょんとして歌ってみた動画も配信。第5話に初登場。
コバルト田中
「.BEANs」のメンバー。滑舌が悪い。第29話に初登場。
社畜くん
「.BEANs」のメンバー。第13話に初登場。
オレンジ博士
「.BEANs」のメンバー。バツ2。第20話に初登場。
マジ卍マン
「マジ卍」が口癖。「卍サイクロン」という技を使い、周囲にいるキャラクターを吸い込むことができる。第3話に初登場。
ミスターダブルブレイン
正義の味方。脳が2つあるため頭は良いらしいが、その脳がむき出しになっている点が弱点。登場する度に歌を歌う。第17話に初登場。
ラババンくん
フェス会場で貰えるラバーバンドを全身に巻き付けているキャラクター。本人によるとフェスのベテランであり、バンドマンよりもバンドマン状態になっているらしい。しかし、頻繁に殺害されてしまう悲しいキャラクターでもある。第8話に初登場。
デカキン
第59話にてゲスト出演。
キズナアイ
SP編にてゲスト出演[28]
おめがシスターズ
第70話にてゲスト出演。

各話リスト[編集]

シーズン1[編集]

シーズン2[編集]

*ピーナッツくん、チャンチョは出演しない場合のみ備考に記載。

レオタードブタとヤギハイレグ[編集]

レオタードブタとヤギハイレグは、ショートアニメ「オシャレになりたい!ピーナッツくん」に登場するキャラクターであるラッパーのレオタードブタと、その友達でラッパートラックメイカーのヤギハイレグによる音楽ユニットである[26]

来歴[編集]

2017年
  • 10月3日、レオタードブタがショートアニメ「オシャレになりたい!ピーナッツくん」に初登場。
2018年
  • 9月10日、レオタードブタがficty株式会社とパートナーシップ契約を結ぶ[29]
2019年

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 備考
2019年8月15日 ちょっと今日コンプリケイテッド / BUG LIFE デジタル・ダウンロード

EP[編集]

発売日 タイトル 規格 備考
2019年2月25日 粗密-SOMITSU- デジタル・ダウンロード
2019年7月28日 SUMMERSAULT ヤギハイレグによるソロ作品

コラボ作品[編集]

発売日 タイトル 規格 備考
2018年9月7日 CHERRY PICK デジタル・ダウンロード レオタードブタとピーナッツくん、ぽんぽこ、KMNZによるコラボ

メディア[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

2018年
2019年

テレビアニメ[編集]

2019年

イベント[編集]

2018年
2019年

書籍[編集]

  • にゃるら監修、たば『バーチャルYouTuber名鑑2018』三才ブックス、2018年7月5日。ISBN 978-4866730554
  • コンプティーク』9月号増刊 Vティーク、カドカワ、2018年7月26日、 86-87頁、 ASIN B07DXQHH4K

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 異彩を放つVTuber・ピーナッツくんとは? 奇抜なだけではない、圧倒的な企画力と対応力”. MguraVR (2018年9月6日). 2019年4月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 女子高生が夢中、異色VTuber“ピーナッツくん”とは?“SNS疲れ”感じる若者の癒しに”. MoguLive (2018年11月5日). 2019年4月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j ピーナッツくんインタビュー 原宿JKにウケるVTuberはぼくしかいない”. KAIYOU.net (2019年3月27日). 2019年4月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e 異端のVTuber ピーナッツくん、原宿JKの人気店「SPINNS」とコラボ”. KAIYOU.net (2019年3月1日). 2019年4月10日閲覧。
  5. ^ 「兄ぽこ」インタビュー VTuber個人勢としての矜持と未来 甲賀市で、妹と、VTuberで生きていく”. KAI-YOU.net (2019年3月27日). 2019年5月7日閲覧。
  6. ^ 「兄ぽこ」インタビュー VTuber個人勢としての矜持と未来 VTuberは文化か、ビジネスか”. KAI-YOU.net (2019年3月29日). 2019年5月7日閲覧。
  7. ^ 【独占インタビュー】VTuberの革命児!?日本中のJKを虜にするピーナッツくんとぽんぽこさんの素顔はいかに!(前編)”. BAZZCAST REPORTS. 2019年5月7日閲覧。
  8. ^ ユリイカ2018年7月号』青土社、2018年6月27日。ISBN 978-4791703517
  9. ^ Interview ヨルシカ – ヨルシカのこれまでとこれから、圧倒的なまでに美しいコンセプトアルバムの真髄に迫る。”. OPTIMA NOTES (2019年4月10日). 2019年5月7日閲覧。
  10. ^ vhitominのツイート(991578094690422784)” (2018年5月2日). 2019年5月7日閲覧。
  11. ^ fumiesuguriのツイート(1059857984971567105)” (2018年11月7日). 2019年5月7日閲覧。
  12. ^ VTuber「ピーナッツくん」「ぽんぽこ」着ぐるみ化へ 中身は”自分””. KAI-YOU.net (2019年7月2日). 2019年7月8日閲覧。
  13. ^ ピーナッツくん、原宿JKの人気ブランド「SPINNS」とコラボ!発売記念イベントも開催”. MoguLive (2019年3月4日). 2019年4月10日閲覧。
  14. ^ VTuber界の活性剤となるか 数万人が見守った「ライブ王決定戦」が超えた“視聴者の壁””. MoguLive (2019年9月3日). 2019年4月10日閲覧。
  15. ^ a b 主役はバーチャルYouTuber!「24時間生放送」が開催”. MoguLive (2019年5月3日). 2019年4月10日閲覧。
  16. ^ a b 人気VTuber集結、24時間生放送「ぽんぽこ24リターンズ」情報まとめ”. MoguLive (2019年10月1日). 2019年4月10日閲覧。
  17. ^ オシャレになりたいピーナッツくんのチャンネル概要”. YouTubeランキング. 2019年5月2日閲覧。
  18. ^ imagine-nation”. 2019年5月7日閲覧。
  19. ^ a b ピーナッツくん!オシャレになりたい!”. 2019年5月5日閲覧。
  20. ^ a b オシャレになりたい!ピーナッツくん〜お誕生日会〜”. 2019年5月2日閲覧。
  21. ^ a b 「オシャレになりたい!ピーナッツくん」×スピンズ、コラボ詳細を発表”. KAI-YOU. 2019年5月2日閲覧。
  22. ^ a b 日本中のVTuberが一堂に集結〈VTuber Fes Japan 2019〉総勢100名以上の“VTuberの祭典”が開催”. ガジェット通信. 2019年4月10日閲覧。
  23. ^ ぽんぽこ&ピーナッツくんの24時間企画「ぽんぽこ24 vol.3」 出演者とスケジュールが発表!”. MoguLive (2019年8月7日). 2019年8月15日閲覧。
  24. ^ “長野県のアルクマに栄冠 ゆるキャラGP、長野”. 日本経済新聞. (2019年11月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51768340T01C19A1CZ8000/ 2019年11月3日閲覧。 
  25. ^ 2019年のゆるきゃらグランプリ、優勝は長野県の「アルクマ」”. ねとらぼ. ITmedia (2019年11月3日). 2019年11月3日閲覧。
  26. ^ a b レオタードブタとヤギ・ハイレグが初EP VTuberの肩書き不要のイルさ”. KAIYOU.net (2019年2月25日). 2019年5月2日閲覧。
  27. ^ osyarenutsのツイート(1082635804084555777)” (2018年1月8日). 2019年5月7日閲覧。
  28. ^ “2Dになっちゃった”キズナアイとピーナッツくんがラップバトル!”. RealSound.jp (2018年10月29日). 2019年5月7日閲覧。
  29. ^ バーチャル界のHIPHOPプロデューサー「レオタードブタ」、Fictyとパートナーシップ契約”. MoguLive. 2019年5月7日閲覧。
  30. ^ a b 「平成→令和 COUNTDOWN PARTY presented by KAI-YOU×TOKYO culture research」第四弾アーティスト発表”. KAI-YOU. 2019年8月20日閲覧。
  31. ^ 新shock感~一度おためしください~(テレビ東京、2018/12/15 26:10 OA)の番組情報ページ”. 2019年5月2日閲覧。
  32. ^ VIRTUAL BUZZ TALK! 第25回|バラエティ・情報|TOKYO MX”. TOKYO MX * オンライン. 2019年8月4日閲覧。
  33. ^ VIRTUAL BUZZ TALK! 最終回|バラエティ・情報|TOKYO MX”. TOKYO MX * オンライン. 2019年8月4日閲覧。
  34. ^ 超人女子戦士 ガリベンガーV バックナンバー”. 2019年5月2日閲覧。
  35. ^ 地上初!?バーチャル空間から生放送!”. NHKオンライン. 2019年10月28日閲覧。
  36. ^ アニメ「NHKバーチャルのど自慢」出場VTuber13組17名決定!”. NHK アニメワールド (2018年12月28日). 2019年4月10日閲覧。
  37. ^ TVアニメ「バーチャルさんはみている」公式サイト”. 2019年5月5日閲覧。
  38. ^ 「バーチャルさんといっしょ。 -VTuberの国からコンニチハ!-」出演VTuberと作品決定!”. 2019年5月2日閲覧。
  39. ^ 【超パーティー】裏でやってんだろ?裏で!【VTuberステージ裏実況】”. 2019年5月2日閲覧。
  40. ^ バーチャル大晦日2018〜みんなで年越しブイッとね!〜”. 2019年5月7日閲覧。
  41. ^ VTuberがひとつの文化となった2018年を締めくくる、「バーチャル大晦日2018」レポート。見どころを徹底紹介!”. MoguLive. 2019年5月7日閲覧。
  42. ^ ヒメヒナの活動1周年記念配信が決定 ミライアカリ・月ノ美兎・ピーナッツくんら豪華ゲストも”. MoguLive. 2019年5月7日閲覧。
  43. ^ 1周年!ヒメヒナ大感謝祭2019”. 2019年5月7日閲覧。
  44. ^ 富士葵生誕祭令和元年”. 2019年8月4日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]