光線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

光線(こうせん)は、幾何光学における概念であって、光の道筋を表す線のことである。光源より出たをスクリーン上の十分に小さいピンホールを通した光線束を極限に細くしたものを光線と考えるが,実際には回折現象のために極限に細くすることはできない。均質な媒質中では、光線は波面に垂直である。

直進、反射屈折の法則に従った光線追跡で伝播方向が求められる。

太陽光線レーザー光線などと、光の束を指していうこともある。拡散光線平行光線もある

フィクションにおける光線[編集]

特撮映画アニメなどにおいては、光を発し破壊的な威力を持つ武器や特殊能力を指して「~光線」と呼ぶことが多い。その実態は光の束、粒子ビーム、原理不明なものなど様々である。

例:スペシウム光線ウルトラマン)、冷凍光線(8マン他、多数)

関連項目[編集]