金鵄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
月岡芳年『大日本名将鑑』より「神武天皇」。神武天皇の弓の先に止まった金鵄が光を放ち、長髄彦軍の兵の目をくらませている。

金鵄(きんし)は、『日本書紀』に登場し、神武天皇による日本建国を導いた金色

概要[編集]

『日本書紀』の記述では、東征を進める彦火火出見(後の神武天皇)が長髄彦と戦っている際に、金色の霊鵄が天皇の弓に止まると、その体から発する光で長髄彦の軍兵たちの目がくらみ、東征軍が勝利することができたとされる。この霊鵄を指して「金鵄」と呼ぶ。

ただし、『古事記』に金鵄は登場せず、神武東征の際に熊野から大和へ東征軍を道案内した八咫烏と混同、あるいは同視されることが多い。金鵄と八咫烏が同一であるか、それとも別の存在であるかはっきりしないが、いずれにしろ日本建国に関わった霊鳥として、吉事や勝利あるいは建国の代名詞として使われ、特に大日本帝国時代には金鵄勲章をはじめ、意匠や名称が多方面で採用された。

また、平安時代から存続する賀茂神社においては、金鵄および八咫烏ともに、賀茂建角身命の化身とされており、この二つを合わせて「金鵄八咫烏」と呼び祀っている[1]

霊鵄形大錦旛[編集]

霊鵄形大錦旛(即位の礼複製品・神社展示用)大阪放出阿遅速雄神社の展示品

霊鵄形大錦旛(れいしけいだいきんばん)は、天皇即位の礼に使用される大錦旛のひとつである。それには金色に輝く金鵄が刺繍されており、頭八咫烏形大錦旛(やたがらすだいきんばん)と対になっている。それらは、日(太陽)および月の象徴たる日像纛旛、月像纛旛の次に掲げられ、太陽や月に次ぐものとして極めて重用な位置に配置され、即位の礼でも重視されていることが窺い知れる。

商品に使われた金鵄[編集]

「金鵄」名時期のゴールデンバットの箱。

金鵄は戦わず光威徳で敵を降伏せしめた日本神話から、大変に縁起が良いとして明治以降、商品などに使用された。特に日本酒に多く、造り酒屋の金鵄盃酒造[2]やキンシ正宗の「金鵄正宗」などがある[3]。これらは、金鵄に化身したとされる賀茂一族の神社、賀茂御祖神社に献上されている。

また、紙巻きたばこの「ゴールデンバット」は、戦時中の敵性語追放の動きを受けて、1940年昭和15年)から1949年(昭和24年)まで「金鵄」に改名されていた。 1941年(昭和16年)のパッケージには当初、神武天皇の弓が描かれていたが、これを捨てたり踏みつけることは不敬であるとの批判を受け、デザインの変更を余儀なくされたことがある[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 御祭神と御神徳下鴨神社(賀茂御祖神社)公式サイト
  2. ^ 金鵄盃酒造
  3. ^ 「金鵄正宗」キンシ正宗
  4. ^ 「おおぞらとは読まぬ デザイン変更でケリ 印刷済みの1億個は売る」『朝日新聞』昭和48年(1973年)2月16日朝刊、13版、3面

外部リンク[編集]

  • 宮内庁「京都御所と離宮の栞(しおり) -京都御所-」 - 約100年前に行われた大正天皇御大礼。大正天皇即位の礼に使われた「金鵄をかたどった霊鵄形大錦旛」の配置(p2)および現物写真(p3)が掲載してある(PDF)。一部、金鵄と縁が深い神社で掲載されている金鵄(霊鵄形大錦旛)のレプリカは、これらを元にしてある。
  • ウィキメディア・コモンズには、金鵄に関するカテゴリがあります。