尿素樹脂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

尿素樹脂(にょうそじゅし、Urea Formaldehyde Resin、UFユリア樹脂)は、尿素ホルムアルデヒドとの重合反応によって製造される、熱硬化性樹脂に属する合成樹脂CAS番号9011-05-6。メラミン樹脂・ベンゾグアナミン樹脂とともにアミノ樹脂の一種に数えられる。

尿素樹脂

製法[編集]

尿素とホルムアルデヒド水溶液を原料とし、アルカリ性または酸性下で脱水縮合反応を行い、液状縮合物を得る。液状で使用する場合はそのまま、固形状を得るにはメタノール等でエーテル化もしくは充填剤としてセルロース小麦粉などと混合(天然高分子複合尿素系樹脂)させた後に乾燥させる。

特徴[編集]

  • 無色透明。そのため着色が容易。
  • 成型時の収縮や変形が小さく、ヒケが生じにくい。
  • 剛性や硬度に優れる。ただし耐衝撃性や耐クラック性は低い。
  • 耐熱性および電気絶縁性が高く、特にアーク抵抗性に優れる。
  • 耐溶剤性を持つが、アルカリおよび熱水には侵食される。
  • 比較的安価である。
  • 微量のホルマリンが溶出することが指摘されている。

改質[編集]

フェノールと共縮合させ耐クラック性向上を図った種類などもある。

使用例[編集]

液状縮合物は合板用接着剤や加工分野、固形状は成型材料として電気機器の部品やボタンなどの日用品類または漆器の素地として使用される。

出典[編集]

  • 『プラスチック活用ノート』 伊保内賢編 大井秀三郎・広田愃著 工業調査会 ISBN 4-7693-4123-7

関連項目[編集]