スノウ・パトロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スノウ・パトロール
Snow Patrol
Snow Patrol Florida.JPG
2007年のフロリダ州にあるマイアミ大学内でのライヴ
基本情報
出身地 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
ジャンル オルタナティヴ・ロックパワー・ポップ
活動期間 1994年 -
レーベル フィクションインタースコープ
公式サイト www.snowpatrol.com
メンバー ギャリー・ライトボディ
ポール・ウィルソン
ジョニー・クイン
ネイサン・コノリー
ジョニー・マクデイド
旧メンバー マーク・マクレランド
マイケル・モリソン
トム・シンプソン

スノウ・パトロールSnow Patrol)は、スコットランドグラスゴーを主な活動拠点とする、北アイルランド人とスコットランド人の混成ロックバンドである。

来歴[編集]

1994年ダンディー大学の学生だったメンバーが出会って意気投合し結成に至る。結成当時の名前はポーラー・ベアーだったが、この名前がすでに使われていたため現在のバンド名となった。

1998年にファースト・アルバム『Songs For Polar Bears』、2001年にセカンド・アルバム『When It's All Over We Still Have To Clear Up』の2枚のアルバムをリリースするもののこの時点では、インディーズレーベルに所属するマイナーなバンドで大きな注目は浴びず、アルバム、シングルも全てチャート100位以下だった。

2003年、レーベル先をポリドールに移しメジャー移籍後最初のアルバムとなった『ファイナル・ストロー』が全英チャートで3位にランクイン。そこからのセカンド・シングル「Run」はラジオで頻繁に流れ、各プレスから絶賛を受ける。その結果、アルバムはイギリスで150万枚、アメリカで50万枚を越えるヒットを記録した。

2005年3月、他のメンバーとの人間関係の悪化を理由に、結成時から所属していたベーシストのマーク・マクレランドが解雇通告され脱退、代わってポール・ウィルソンが加入。4月にはサポートメンバーとして長年活動してきたキーボーディストのトム・シンプソンが加入し5人編成となる。この年はU2ヨーロッパ・ツアーの前座を務めたほか、LIVE 8にも出演した。

2006年5月、通算4枚目となるアルバム『アイズ・オープン』が発売。全英チャートで遂に念願の1位を獲得する。更にセカンド・シングル「Chasing Cars」がアメリカで放送中の人気テレビドラマグレイズ・アナトミー 恋の解剖学』の中で起用された効果があって、ビルボードチャートで最高5位にランクインした(日本でもフジテレビテラスハウス』エンディング曲として使用された)。イギリス出身のバンドが同チャートのトップ5入りしたのは、1993年デュラン・デュランが「Ordinary World」で3位に入って以来13年ぶりの快挙となり、その知名度の上昇と共に、アメリカでの本格的な成功を収めた。この曲はオーストラリアシンガポールのチャート、そしてアメリカのiTunes Storeダウンロードチャートでは1位を獲得している。

2007年、映画『スパイダーマン3』に「Signal Fire」を提供。2007年7月7日、ライブ・アース・ロンドン会場に出演。その翌日、T in the Parkでもヘッドライナーを務める。

メンバー[編集]

現メンバー

  • ギャリー・ライトボディ(Gary Lightbody)- ボーカルギター
  • ポール・ウィルソン(Paul Wilson)- ベースコーラス
  • ジョニー・クイン(Jonny Quinn)- ドラムス
  • ネイサン・コノリー(Nathan Connolly)- ギター、コーラス
  • ジョニー・マクデイド(Johnny McDaid)- キーボード、ギター、コーラス

旧メンバー

  • マーク・マクレランド(Mark McClelland)- ベース、キーボード、ピアノ
  • マイケル・モリソン(Michael Morrison)- ドラム
  • トム・シンプソン(Tom Simpson)- キーボード、ピアノ、サンプリング

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Songs For Polar Bears (1998年)
  • When It's All Over We Still Have To Clear Up (2001年)
  • 『ファイナル・ストロー』 - Final Straw (2004年)
  • 『アイズ・オープン』 - Eyes Open (2006年)
  • ア・ハンドレッド・ミリオン・サンズ』 - Hundred Million Suns (2008年)
  • 『フォールン・エンパイアズ』 - Fallen Empires (2011年)
  • Wildness (2018年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『アップ・トゥ・ナウ』 - Up to Now (2009年)
  • Greatest Hits (2013年)
  • Reworked (2019年)

外部リンク[編集]