ミーゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Migos
Migos Veld festival 2017.jpg
Migos 2017年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州ローレンスヴィル
ジャンル
職業
担当楽器 ヴォーカル
活動期間 2008年 – 現在
レーベル
共同作業者
公式サイト migosonline.com
メンバー
Migos Logo.png

ミーゴスMigos[ˈmɡs])は、アメリカ合衆国ヒップホップトリオラップグループ。メンバーはクエイヴォ(Quavo)、オフセット英語版(Offset)、テイクオフ英語版(Takeoff)のラッパー3人である。

2008年にジョージア州ローレンスヴィルで結成され、2013年のミックステープ『Y.R.N. (Young Rich Niggas)』とデビューシングル「Versace」で広く知られるようになる。2015年にデビュー・アルバム『Yung Rich Nation』をリリース。2017年の2作目のアルバム『Culture』はBillboard 200で初登場首位を獲得、楽曲「Bad and Boujee」が全米1位を記録するなどヒットした[2]。2018年に3作目のアルバム『Culture II』を発表し、Billboard 200で首位を獲得する[3]

来歴[編集]

Palmesusに出演するMigos(2017年)

ミーゴスは2008年にジョージア州ローレンスヴィルで結成され、元々はPolo Clubと名乗っていた。メンバー3人は血縁関係にあり、Quavo(クエイヴォ)はTakeoff(テイクオフ)の叔父、Offset(オフセット)はQuavoのいとこである[4]。3人はアトランタ郊外、グウィネット郡のダウンタウンから北東へ約40分のところでQuavoの母親に一緒に育てられた[5]

2011年8月25日、初のフルレングス・ミックステープ『Juug Season』をリリース。2012年6月1日にはミックステープ『No Label』をリリースした。

2013年、Migosはデビュー・シングル「Versace」をリリースする。カナダ人ラッパーのドレイクが同曲のリミックスに参加、iHeartRadio Music Festivalでパフォーマンスを行ったことで知名度が上がる[6]。6月13日、Migosはミックステープ「Y.R.N. (Young Rich Niggas)」をリリースし、絶賛を浴びた[7]。「Versace」は多くの音楽メディアの年間ベストリストに選出され、XXLは3位、Complexは4位、SPINは5位に選んだ[8][9]

2014年2月25日、ミックステープ『No Label 2』をリリースする。6月、Migosがアトランティック・レコーズの300エンターテインメントと契約を結んだことが明らかになった[10]。11月5日、ミックステープ『Rich Nigga Timeline』をリリースする[11]

2015年7月31日、デビュー・アルバム『Yung Rich Nation』がリリースされる。アルバムは米Billboard 200で最高17位を記録した[3]。9月、Migosは300エンターテインメントを離れ独立し、クオリティー・コントロールが単独でマネジメントを行なうことになる。9月17日、ミックステープ『Back to the Bando』をリリースする[12]

2016年10月28日、ニューアルバムからの先行シングル「Bad and Boujee」をリリースする。この曲は米Billboard Hot 100で首位を獲得し、Migosにおとって初の全米ナンバーワン・シングルとなった[13]

2017年1月27日、2作目のアルバム『Culture』がリリースされ、全米1位を記録する[14]

2018年1月26日、3作目のアルバム『Culture II』がリリースされ、全米1位を記録する。アルバムからは楽曲「MotorSport」「Stir Fry」「Walk It Talk It」などがヒットした[15]

2021年6月『Culture』三部作のラストとなる『Culture III』がリリースされた[16]

メンバー[編集]

トラブル[編集]

ジョージアサザン大学コンサート事件[編集]

2015年4月18日、Migosはジョージア州ステーツボロのハナー・フィールドハウスでジョージアサザン大学のコンサートのヘッドライナーを務める予定だった。ショーはオープニングアクトから午後7時に始まったが、Migosは予定されていた午後9時より1時間半近く遅れてステージに立った。公演契約書には最低45分のセット時間が定められていたが、Migosは30分弱の演奏でステージを後にした。大学警察、ステーツボロ警察、ブルーチ郡保安官事務所は、コンサートに警備員として立ち会っていたが、Migosのバンからマリファナの強い匂いを発見し、運転手は法執行機関から取り調べを受けた。さらなる調査の結果、Migosの3人と側近の12人がマリファナ等の所持、学校の敷地内での銃器の所持などの容疑で逮捕された[17]

演奏契約書によると、Migosには30,000ドル、プロモーターのBig House Collectiveには3,000ドルが支払われることになっていた。大学当局は当初、グループの到着が遅れたこと、演奏時間が短縮されたこと、大学の敷地内での密輸品の所持を理由に、Migosを契約違反とするよう求めたが、最終的には大学側が合意した料金の半分を支払った[18][19]

2015年4月20日、Takeoff、Quavo、側近の6人はブルーチ郡地方検事局によって保釈されたが、Offsetら6人は保釈金なしで拘留されたままであった。その結果、MigosはYung Rich Nationツアーを7月まで延期した[20]

2015年5月2日、拘留中のOffsetは他の受刑者を襲って重傷を負わせた後、暴行と刑事施設内での暴動を扇動した罪で起訴された[21]。 2015年5月8日の保釈聴聞会で、Offsetは刑務所内での喧嘩だけでなく、前科があることを理由に保釈を正式に拒否された。審問中、Migosの側近2人も保釈を拒否された一方で、他の4人は保釈が認められ、釈放の条件としてブルーチ郡への帰還を禁止された。また、判事は釈放された4人に事件の関係者と接触しないよう指示した。

8ヶ月間の拘留の後、Offsetはアルフォードの司法取引を受け入れ、2015年12月4日に釈放された。司法取引では、刑事施設内での暴動を扇動したことを認めること、1000ドルの罰金を支払うこと、5年間の保護観察処分を受けること、Bulloch郡、Effingham郡、Jenkins郡、Screven郡からの追放と引き換えに、銃、薬物、ギャング関連の罪を取り下げた。マリファナ容疑に直面しているTakeoffも司法取引を受け入れ、12ヶ月の執行猶予付きの判決を受けた。Quavoはマリファナ容疑を認めず、12か月の刑期を受けたが、罰金の支払いによって執行猶予となった[22]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[23]
AUS
[24]
CAN
[25]
FIN
[26]
NZ
[27]
SWE
[28]
SWI
[29]
UK
[30]
2015 Yung Rich Nation 17
2017 Culture
  • 発売日: 2017年1月27日[33]
  • レーベル: Quality Control, YRN the Label, 300, Atlantic
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 100.2万枚[34]
1 26 1 6 20 31 22 16
  • UK: プラチナ[35]
  • UK: シルバー[36]
2018 Culture II
  • 発売日: 2018年1月26日[37]
  • レーベル: Quality Control, Capitol, Motown
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 19.9万枚[38]
1 13 1 9 5 11 5 4
  • US: 2× プラチナ[35]
  • CAN: 2× プラチナ[39]
  • NZ: ゴールド
  • UK: ゴールド[36]
2021 Culture III
  • 発売日: 2021年6月11日
  • レーベル: Quality Control, Capitol, Motown
  • フォーマット: CD, LP, digital download
2 13 3 30 4 23 2 9
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

フィルモグラフィ[編集]

映画
タイトル 注記
2014 Bando[40] Quavo, Takeoff, and Offset* 短編映画
テレビ
タイトル 注記
2016年 Atlanta Quavo, Takeoff, and Offset* Episode: "Go for Broke"

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ What is mumble rap? 25 essential songs from Future, Migos and more” (英語). cleveland (2017年6月6日). 2020年1月5日閲覧。
  2. ^ Migos”. Billboard. 2020年11月4日閲覧。
  3. ^ a b Migos”. Billboard. 2020年11月4日閲覧。
  4. ^ Bando Brothers: Migos Makes Their Move”. Spin (2013年7月12日). 2020年11月4日閲覧。
  5. ^ Baron, Zach. “That Time Migos Met Mike Tyson” (英語). GQ. 2020年11月4日閲覧。
  6. ^ iHeartRadio Music Festival Saturday: Justin Timberlake Takes Back the Night From Drake & Miley Cyrus” (英語). Billboard. 2020年11月4日閲覧。
  7. ^ Migos, ‘Young Rich Niggas’ (Self-Released)”. Spin (2013年6月27日). 2020年11月4日閲覧。
  8. ^ Migos, Young Rich Niggas (Self-Released) SPIN”. www.spin.com. 2020年11月4日閲覧。
  9. ^ Migos, Young Rich Niggas (Self-Released) SPIN”. www.spin.com. 2020年11月4日閲覧。
  10. ^ Young Thug, Migos Sign With Lyor Cohen, Kevin Liles & Todd Moscowitz's 300 Label | Get The Latest Hip Hop News, Rap News & Hip Hop Album Sales | HipHopDX”. web.archive.org (2015年4月4日). 2020年11月4日閲覧。
  11. ^ First Week Sales Numbers For Migos' "Yung Rich Nation"” (英語). HotNewHipHop. 2020年11月4日閲覧。
  12. ^ Back To The Bando” (英語). HotNewHipHop. 2020年11月4日閲覧。
  13. ^ Stream Migos' New Album "Culture"” (英語). HotNewHipHop. 2020年11月4日閲覧。
  14. ^ Stream Migos' New Album "Culture"” (英語). HotNewHipHop. 2020年11月4日閲覧。
  15. ^ January 26, Nick MojicaPublished:. “Production Credits for Migos’ ‘Culture II’ Album - XXL” (英語). XXL Mag. 2020年11月4日閲覧。
  16. ^ Migos – ‘Culture III’ review: rap's premier trio end trilogy on a high” (英語). NME (2021年6月11日). 2021年6月27日閲覧。
  17. ^ Migos rap group members arrested at Hanner show”. web.archive.org (2015年4月27日). 2020年11月4日閲覧。
  18. ^ Cannady, Dal. “Georgia Southern searches for way to break contract with Migos after arrest” (英語). https://www.wtoc.com. 2020年11月4日閲覧。
  19. ^ Migos rapper still in jail”. web.archive.org (2015年5月5日). 2020年11月4日閲覧。
  20. ^ Spanos, Brittany (2015年4月28日). “Migos Postpone 'Yung Rich Nation' Tour After Arrests” (英語). Rolling Stone. 2020年11月4日閲覧。
  21. ^ Migos rapper charged in Bulloch County Jail fight”. web.archive.org (2015年5月18日). 2020年11月4日閲覧。
  22. ^ Plea deals keep rap group Migos out of jail | www.wsbtv.com”. web.archive.org (2016年1月29日). 2020年11月4日閲覧。
  23. ^ Migos – Chart history (Billboard 200)”. Billboard. 2017年4月27日閲覧。
  24. ^ Peaks in Australia:
  25. ^ Migos – Chart history (Canadian Albums)”. Billboard. 2018年2月6日閲覧。
  26. ^ finnishcharts.com – Discography Migos”. Hung Medien. 2017年5月22日閲覧。
  27. ^ charts.org.nz – Discography Migos”. Hung Medien. 2017年2月24日閲覧。
  28. ^ swedishcharts.com – Discography Migos”. Hung Medien. 2017年5月22日閲覧。
  29. ^ hitparade.ch – Discography Migos”. Hung Medien. 2017年5月22日閲覧。
  30. ^ Migos”. Official Charts Company. 2017年3月31日閲覧。
  31. ^ iTunes - Music - Yung Rich Nation - Album by Migos”. Itunes.apple.com (2015年7月31日). 2015年8月1日閲覧。
  32. ^ Hip Hop Album Sales: Migos, Future & Drake”. HipHopDX (2015年8月10日). 2017年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月31日閲覧。
  33. ^ Migos Announce Release Date For "Culture" And Reveal Cover Art”. 2017年4月27日閲覧。
  34. ^ Caulfield, Keith (2017年7月4日). “Kendrick Lamar's 'DAMN.' & Ed Sheeran's 'Shape of You' Lead Nielsen Music's Mid-Year 2017 Charts”. Billboard. 2017年7月4日閲覧。
  35. ^ a b American certifications – Migos”. Recording Industry Association of America. 2017年2月2日閲覧。
  36. ^ a b BRIT Certified” (英語). BPI. 2021年6月27日閲覧。
  37. ^ Migos' New Album Culture II Has a Release Date”. Pitchfork (2018年1月16日). 2018年1月16日閲覧。
  38. ^ Caulfield, Keith (2018年2月4日). “Migos' 'Culture II' Debuts at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. 2018年2月5日閲覧。
  39. ^ Gold/Platinum” (英語). Music Canada. 2021年6月27日閲覧。
  40. ^ Migos - "Bando" (Short Film)”. 2017年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]