ザクスピード・881

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザクスピード・881
カテゴリー F1
コンストラクター ザクスピード
デザイナー クリス・マーフィー
ハインツ・ツェルナー
先代 ザクスピード・871
後継 ザクスピード・891
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プルロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プルロッド
トレッド 前:1,810 mm (71 in)
後:1,617 mm (63.7 in)
ホイールベース 2,830 mm (111 in)
エンジン ザクスピード 1500/4 1,495 cc (91.2 cu in), 直列4気筒, ターボ(過給圧2.5バール), ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド / ザクスピード 6速 MT
重量 560 kg (1,200 lb)
燃料 シェル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ウエスト ザクスピード・レーシング
ドライバー 9. イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ
10. 西ドイツの旗 ベルント・シュナイダー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1988年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

ザクスピード・881 (Zakspeed 881) は、ザクスピード1988年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはクリス・マーフィーとハインツ・ツェルナー。チームが独自に開発した直列4気筒ターボエンジン1500/4を搭載した。ドライバーはピエルカルロ・ギンザーニと、ドイツ人ルーキーのベルント・シュナイダーであった。

開発[編集]

881は前年の871の発展型であり、ターボエンジンの最後の年のマシンであった。ドライバーはマーティン・ブランドルクリスチャン・ダナーに代わってギンザーニとシュナイダーが起用されたが、両名ともシーズンを通して自然吸気エンジン搭載車と予選通過を争った。その顕著な例はシルバーストーンで開催されたイギリスグランプリであった。ターボ搭載車両に有利な高速サーキットであったにも関わらず、ギンザーニとシュナイダーは共に予選落ちした。ザクスピードは予選通過できなかった唯一のターボ車であった。881はまた信頼性に欠け、エンジンもしくはターボのどちらかがブローすることが頻繁であった。ザクスピードのドライバーは両名ともポイント獲得できず、1989年は予備予選に出場しなければならなくなった。

881はザクスピードが自社製エンジンを搭載した最後のF1マシンであり、そのエンジンは640 bhp (477 kW; 649 PS)を発揮した。これは当時最もパワフルなエンジンの一つで、ホンダフェラーリV6エンジンとは10馬力ほど劣るだけで、アロウズが用いるメガトロンエンジンとほぼ同様の出力であった。ホンダエンジンを搭載したマクラーレンは15勝を挙げポールポジション15回を記録し、この他にポールポジションと勝利を獲得したのはフェラーリエンジンであった。ギンザーニは7回予選落ちし、シュナイダーは10回であった[2]。881にとってネックとなったのは重量であった。881の車重は560 kg (1,200 lb)あり、これはマクラーレン・MP4/4フェラーリ・F187/88C、およびホンダエンジンを搭載したロータス・100Tより約20 kg (44 lb)重かった。

レース戦績[編集]

ベルント・シュナイダーは母国のドイツグランプリで12位となり、これがチームにとってシーズン最高位となった。ドイツ人ルーキーのシュナイダーは開幕から3戦連続で予選落ちし、第4戦ブラジルで初めて決勝進出した。エルマノス・ロドリゲス・サーキットは高地のため空気が薄く、ターボエンジンにとってはアドバンテージとなった。自然吸気勢はパワーが25%落ちとなったが、ターボでは5%程でとどまった。シュナイダーは15位で予選を通過し、決勝では10位まで上がったものの、16周目にエンジントラブルでリタイアした。

881の後継、ザクスピード・891は自然吸気のヤマハ・OX88を搭載した。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1988年 ウエスト ザクスピード・レーシング ザクスピード 1500/4
S4 tc
G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 NC
ピエルカルロ・ギンザーニ DNQ Ret Ret 15 14 DNQ DSQ DNQ 14 DNQ Ret Ret DNQ DNQ DNQ Ret
ベルント・シュナイダー DNQ DNQ DNQ Ret DNQ DNQ Ret DNQ 12 DNQ 13 Ret DNQ DNQ Ret DNQ

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 - Zakspeed 881”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ Zakspeed F1 Engines at”. Gurneyflap.com. 2012年1月7日閲覧。
  • Roebuck, Nigel; Tremayne, David; Hamilton, Maurice; Jones, Alan (1989). Grand Prix World Formula One Championship 1988/89. Magenta Press Ltd. ISBN 0-908081-59-6.